日本玩具博物館*秋冬の特別展


世界のクリスマス
Christmas Around the World

       
会期  2019年10月26日(土) →2020年1月19日(日)
会場  日本玩具博物館6号館


 古代ヨーロッパでは、太陽が力を失い、地上の生命力が衰えた冬枯れの季節に、暖かく明るい光の復活を願い、新しい年の豊作を祈る祭礼を行っていま
した。これは冬至祭や収穫祭として今も各地に伝えられていますが、キリスト降誕の祝日は、太陽の再生を祝い、豊穣を願う土着の信仰をとり込むことを通して、大きな行事へと発展していったものと考えられます。
 クリスマス飾りに登場するキャンドルの灯や光を象徴する造形の美しさ、また麦わらや木の実などの豊かな実りを表現するオーナメント(=装飾)の多様性からも、クリスマスがもつ意味をうかがい知ることが出来ます。また、この時期、世界の各地のサンタクロースをはじめ、プレゼントを持った様々な姿の贈り物配達人が訪れ、新しい年の豊作と幸せをもたらしていくのですが、それらは好んで人形化され、クリスマスという冬の祭礼の喜びと意味深さを伝えています。
 恒例となった当館のクリスマス展は、クリスマス飾りを通して世界各地のクリスマス風景を描き、この行事の意味を探る試み
です。34回目となる本年は、クリスマスシーズンのカレンダーに注目してクリスマスの準備から公現節までの各地の風習とともに、ヨーロッパのクリスマスの風景をご紹介したいと思います。

展示総数 55ケ国 1,000点



展示概要
特集
諸聖人の日と死者の日………キリスト教において、アドベントが始まるまでの11月は、聖人や亡くなった方に祈りが捧げられる期間でもあります。毎年11月1日と2日に行われるメキシコの「死者の日」は、国民的な祝祭でマヤ・アステカの先住民の死者追悼儀礼と豊穣祭、そしてキリスト教の聖人や信者の霊を祀る諸聖人の日・万霊節が融合したものと考えられています。
 この時期に立つメキシコの市には、ガイコツをモチーフにしたカラフルな玩具や装飾品が売られ、人々はそれらをキャンドルやお香、砂糖菓子とともに、マリーゴールドの花が敷き詰められたオフレンダ(祭壇)やお墓に供えて死者を偲びます。
 玩具のガイコツたちのユーモラスな様は、「死を笑う」「死と親しむ」「死と戯れる」などの言い回しに象徴されるメキシコ人独特の死生観が表現されています。

クリスマスカレンダー
1.待降節………アドベント(待降節)とは、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間で、クリスマスの四つ前の日曜日からはじまります。教会や家庭ではアドベント・キャンドルを用意し、4本のろうそくをたて、第一主日(日曜日)に1本目の火をともし、その後、第二、第三、第四と週を追うごとに火をともすろうそくを増やしていくという習慣があります。
 また、アドベント・カレンダーは、クリスマスを待つ子どもたちのカレンダーで、ドイツやデンマークでは古くから人気があります。クリスマスの町や冬の風景の絵の中に、1〜24までの数字が描かれた窓があり、窓をあけると中からプレゼントやお菓子の絵が出てきます。12月1日から毎日、日付と同じ窓をあけ、全ての窓が開いた日がクリスマスイブ。24番目の窓の多くは、キリスト降誕の場面が描かれます。
2.聖ニコラウスの日………聖ニコラウス(ドイツやオーストリアでは聖ニコラウス、フランスでは聖ニコラ、チェコやスロバキアでは聖ミクラーシュと呼ばれます)は3世紀頃、ミュラ(現トルコ)の司教だった人物です。情け深く、つねに子どもや貧しい人々の味方で、贈り物や金貨を授けるなどの数多くの伝説を持つ人気の聖人です。ヨーロッパ各地では、聖ニコラウスが没したとされる12月6日にニコラウスから子どもたちに贈り物をする習慣が今も続いています。司教の厳格なイメージも持ち合わせる聖ニコラウスは、訪れた家の子どもたちの一年の行いを見定め、悪い子にはお仕置きも行います。地域によってはお仕置き用のムチをもつニコラウスや異教時代の風習も合わさって悪魔や従者を連れたニコラウスもあり、各地で作られている聖ニコラウスの造形をお楽しみください。
 
3太陽の復活を願う………北半球ではアドベントに入ると、冬至(12月22日)に向かって力を弱めていく太陽を元気づけようと、キャンドルや薪の火が登場します。とくに日照時間の短い北欧や中欧のクリスマス飾りにはキャンドルや光の造形が多く見られます。
 スウェーデンでは、12月13日聖ルチアに扮した少女たちが生命を象徴するキャンドルの王冠を被り、手にキャンドル持って行進する聖ルチア祭が行われます。
 また、南半球においてもクリスマスの光は重要な意味を持っています。メキシコの「生命の樹」のキャンドルスタンドには、先住民の太陽信仰と、かつてこの地を支配していたスペイン文化が溶け合ったユニークな色彩を造形が見られます。

4.クリスマスツリーを飾る………アドベントに入ると、ドイツをはじめ、ゲルマン系の国々では、モミの木市が開催されます。一年中緑を絶やさないモミの木は、冬が深くなり、太陽の光が弱まったこの時期に家の中に常緑樹を飾ることで、緑の生命が生き続けていることを祝うという意味を持っています。
 モミの木にオーナメントを飾る習慣は17世紀頃のアルザス地方で始まりました。初期のころは果物やお菓子、木の実や麦わらなど植物に関するものが多く、収穫祭との深い結びつきも感じられます。やがて、木工細工やガラス細工、錫細工など各地の手工芸と結びつき、美術的に優れた品々も誕生しています。

   

5.キリスト降誕………クリスマスのキリスト降誕物語は、箱庭ふうの人形たちによって表されます。馬小屋の飼い葉桶に誕生したイエス、見守るマリアとヨゼフ、誕生の知らせを聞いてかけつけた羊飼いや動物、東方から捧げ物を持ってやってきた三人の博士など、人形を増やしながら物語をつないでいきます。
多くの教会では24日の深夜、クリスマスミサでクリスマス・キャロルが歌われる中、イエスの像が飼い葉桶に置かれます。
 キリスト降誕人形は13世紀のイタリアが発祥とされています。アッシジの聖フランシスが聖書に語られるキリスト降誕物語を等身大の人形によって再現し、クリスマスのメッセージを人々にわかりやすく解説したと伝えられています。カトリック色の強い南欧や中南米をはじめ、世界中に広く見られるクリスマス飾りです。

6.贈り物配達人がやってくる!………12月24日のクリスマスイブ、あるいは25日にやってくるサンタクロースを代表とする贈り物配達人の物語は、聖ニコラウスの伝説と古代の冬至祭に新年の豊かさを祈って人々が贈り物を交換していた習慣と溶け合って誕生したといわれます。国によって配達人のイメージもさまざまで、北欧の小さな妖精ニッセ、トムテ、トントゥは森のめぐみを届ける自然神のようなイメージ、ロシアのマロース爺さんと雪娘のスニェグローチカは、プレゼントとともに春を届けるとも言われます。アジアでは、羽根が生えたサンタクロースも見られますが、トナカイの引くソリに乗ってやってくる、明るく優しいサンタのイメージは、19世紀にアメリカで形成され、世界中に影響を与えました。

7.新年から公現節へ………クリスマスシーズンは年が明け、1月6日の公現節(エピファニー)まで続きます。この日は、東方の三人の博士が、ベツレヘムの幼子イエスのもとを訪れ、贈り物を捧げた日で、この日にクリスマスを祝う国もあり、三人の博士からプレゼントをもらう地域もあります。また、十二夜(12月25日〜1月6日)には、魔物が暴れまわるともいわれ、中欧の地域によっては、悪魔ばらいの祭りや儀式が行われます。
 クリスマスシーズンは冬至祭や収穫祭に起源をもつように、一年の重要な節目です。教会でキリストの降誕を祝う一方で、新年の繁栄と平安を祈る行事が各地で行われてきました。
 

*******

ヨーロッパ・クリスマス紀行

南ヨーロッパのクリスマス………イタリアをはじめとする南欧のクリスマスには、“サトゥルナーリア”  と呼ばれる賑やかな収穫祭の薫りが残されているといいます。また、カトリックが力をもつイタリアは、キリスト降誕人形の発祥した地であり、教育的な意味の加わったクリスマス玩具を見ることができます。
イタリアやポルトガルからは“プレゼピオ”、スペイン から“べレーン”、フランスからは“クレーシュ”と呼ばれるキリスト降誕人形を展示します。

東ヨーロッパのクリスマス………東欧では、冬至祭や収穫祭に結びついた民族色豊かなクリマスが祝われています。チェコやスロバキア、ハンガリー、セルビア、リトビアの麦わらやキビガラ(トウモロコシの皮)、木の実細工のツリー飾りには、収穫祭との深い結びつきが感じられます。
小麦パンをかたく焼き締めて作られるチェコのオーナメントや日本の正月の注連飾りを想わせるセルビア地方の麦わらとオークを束ねたオーナメント“パドニャック”などには、キリスト教が根付く以前からの民間信仰が表現されているようです。また、木綿レースや硝子細工のツリー飾りは、東欧伝統工芸の素晴らしさを伝えています。


 
 

中央ヨーロッパのクリスマス………ドイツ、オーストリアなど中央ヨーロッパにおいても、待降節の平均日照時間は1〜2時間。冬枯れの町には寂しさを払うようにモミの木の緑とキャンドルの光があふれます。町々の広場にはクリスマス飾りを売るマーケットがたち並び、細工をこらしたオーナメントの数々が人々を温かく出迎えます。きらきら輝く麦わらの窓飾りや経木のツリー飾りも「光」を表現したものです。

ドイツのクリスマス………ドイツのクリスマスにプレゼントを運ぶのは、St.ニコラウスやヴァイナッハマンと呼ばれる聖人ですが、地域によっては鬼を従
えてやってきます。クリスマスツリーの本場とあって、豊富な造形が見られる地域です。クルミ割り人形や煙だし人形、“光のピラミッド”の名で親しまれるユニークなキャンドルスタンド、キリスト降誕人形“クリッペ”など、“おもちゃの国”ならではのクリスマス飾りを一堂に紹介します。
                   

北ヨーロッパのクリスマス………冬の間はほとんど陽がのぼらず、雪や氷に閉ざされる北欧にあっては、太陽の復活を願う古い民俗信仰とキリスト教が融合した、「ユール」と呼ばれる独特のクリスマスが祝われます。厳冬、人々は窓辺にキャンドルを点し、暖かで清らかな行事の雰囲気を盛り上げていきます。手工芸が発達した国々とあって、切紙細工や麦わら細工のク飾りが町中にあふれ、トムテやニッセという名のヤギを連れた妖精たちが活躍する北欧のクリスマスは、幻想的な雰囲気に満ちています。 
 
   
       

展示解説案内(PDF)は、こちらをご覧ください。

『世界のクリスマス展』
*関連催しのご案内*
■展示解説会■ ※自由参加制(入館料が必要)
当館学芸員が展示室を巡りながら、世界のクリスマス飾りの特徴をお話いたします。ドイツの光のピラミッドや煙出し人形など、展示品を取り出しての実演も交えながらご紹介いたします。下記の日時に6号館展示室にお集まりください。

●日時…………11月24日(日)・12月1日(日)・8日(日)・15日(日)・24日(火)  各回14時30分〜(50分程度)

■絵本朗読会■ ※自由参加制(入館料が必要)
クリスマス人形やクリスマス飾りが登場するクリスマス絵本の世界を、倉主真奈さんの朗読によってご案内します。下記の日時に6号館展示室にお集まりください。

●日時……12月22日(日)  13時30分〜/15時00分〜

☆ワークショップ・卵のサンタクロース☆ ※予約が必要
アメリカの卵のオーナメントを参考に、卵の殻にサンタクロースやクリスマスの時期に現れる各地の贈り物配達人を絵の具で描きます。ご希望の方は日本玩具博物館までお申し込みください。

@12月1日(日)13:00〜 20名程度
A12月7日(土)11:00〜/14:00〜 各8名

参加費 300円
持ち物 鉛筆・消しゴム・作品を持ち帰る容器