KIITO便りNo.6
9月の「TOY & DOLL COLLECTION」         (2017.9.26 学芸員・原田悠里)
 ゆったりと秋が包みはじめた神戸です。受付のちりめん細工も9月9日の重陽の節句に合わせ,みなさまの長寿と健康への祈りもこめた菊の二連飾りに替わっております。
 神戸港では,港都KOBE芸術祭が始まり,芸術の秋,文化の秋を楽しむ方々が「TOY & DOLL COLLECTION」へもお越しくださっているように感じられます。

神戸市立青陽養護学校高等部の皆さんが校外学習にご来館
 9月12日と19日には,神戸市立青陽東養護学校の高等部のみなさんがお越しくださいました。展示室では,代表的な郷土玩具と近代玩具を取り出しながら,その由来,素材と動力の変化を見てもらい,神戸人形の面白さにふれてもらいました。
展示品を取り出しておもちゃをご紹介・・・熱心にお話を聴き、おもちゃの動きを楽しむ高等部の皆さん
 おもちゃ教室では,鳴くニワトリづくり。タコ糸を楊枝に結んで紙コップの底に通すとしかけは完成。濡れティッシュで糸をこすると,「コッコッコッ!」とニワトリの鳴き声のような音が響きます。こすって音を鳴らす玩具は海外では多いものの,実は日本ではあまりなじみがありません。この日本玩具博物館の鳴くニワトリもブラジルの玩具をまねて考案したもので,考案から20年近くたった今でも館のおもちゃづくりでは人気者。単純なしくみながら本物そっくりのニワトリの鳴き声には,生徒さんたちだけでなく先生も夢中になって,よりリアルに,よりリズミカルにニワトリの鳴き声が響いておりました。しかけができると,ニワトリの型紙に自由に装飾し,紙コップにはりつけてできあがりです。生徒さんたちはとても自由にニワトリを装飾してくれました!オレンジとイエローの元気が出るチェック柄の羽根,折り紙を切ってコラージュのような羽根を持つニワトリ,型紙の枠を飛び越えて直接紙コップへ描いていたり,ハートやお花が散りばめられたり,野球のボールが描かれたものもありました。生徒さんたち1人1人が納得のいくまで作り続けていました。お昼休憩や展示室の自由見学もはさみながら,たっぷりとおもちゃの世界を楽しんでくださり,こちらも嬉しい2日間でした。
「おもちゃづくり教室」の様子
夏の企画展は10月15日まで!
 夏の企画展「神戸人形~ミナトマチ神戸のからくり人形」も残すところあと少しです。最近は神戸人形の思い出をお持ちの方がよく訪ねてきてくださいます。みなさんの多くが親しみをもつ神戸人形は,神戸ポートアイランド博覧会をきっかけに巻き起こった80年代の神戸人形ブームを支えた数岡雅敦(喜八)製,神戸センター製,キヨシマ屋製のもの。明治から作られてきた歴史を知るとみなさん驚かれます。木肌の美しさや彫刻の細やかさで魅せながら,繊細なからくりとユニークな動きで海を越えて各国で愛された明治から昭和初期にかけての神戸人形もぜひお楽しみください!
 港都KOBE芸術祭の期間中(9月16日~10月15日),開港150年記念イベントに関連して「TOY & DOLL COLLECTION」も無料でご覧いただけます。お近くにお越しの際には,お立ちよりくださいませ。

KIITO便りNo.5
8月の「TOY & DOLL COLLECTION」         (2017.9.7 学芸員・原田悠里)
じりじりと照り付けていた太陽もやわらかくなり,すじ雲やうろこ雲が流れる空がぐーんと高く感じるようになりました。今年も暑い暑い夏でしたが,おかげさまで8月も多くの方に「TOY & DOLL COLLECTION」へお越しいただきました。おもちゃ文化を通して,歴史や文化を知ったり,身近な遊びを見直したりする中で,知的好奇心が育まれ,博物館ファンが1人でも増えていたら嬉しいな~と思います。

「日本玩具博物館の夏休みおもしろおもちゃづくり」
7月の終わりから8月にかけて姫路の本館でも人気の「松風ごまとかくれ屏風」,「水車ボート」,「風車小屋」,「ご来迎」と,4つのおもちゃづくり教室を開催しました。それぞれのおもちゃの由来や歴史についてのお話も織り交ぜながら,手作りおもちゃの楽しみをお伝えしました。夏休みの自由研究や工作の宿題に!と子どもたちや家族での参加が目立ちましたが,婦人会のおばさま方や保育士さん,学童保育の指導員さん,手作り好きな方々など,大人の方々も多く参加してくださいました。折ったり切ったり,貼ったりとめたり,装飾したりとひとつひとつの工程を楽しみながらも真剣にすすめていく参加者のみなさん。子どもたちが思い描くボートや風車小屋の理想のカタチに近づくようにと,親御さんたちの奮闘する姿もありました(笑)
<おもちゃ作りの様子> 
展示を楽しみ,遊びも楽しみ,夏休みの成果に!
夏の企画展「神戸人形~ミナトマチ神戸のからくり人形」コーナーには,神戸人形のワークシートを設置しています。展示を見ながらクイズに答え,神戸人形の120年の歴史と作風をたどっていくことができるようになっています。
とくにギャラリートークを聞いていただくと,クイズの答えにも触れていますので,8月はワークシート片手にギャラリートークを一生懸命に聞く小学生の姿も見られました。また,子どもたちの想像力溢れる神戸人形がぞくぞくと集まっています!ワークシートの最後には,オリジナルの神戸人形を描いていただけます。描いていただいたものを,投稿していただくと,もしかしたら,神戸人形作家の吉田太郎氏に新作神戸人形として作っていただけるかもしれません!
ギャラリートークは,ご希望があれば,決まった日時以外にもお話することができますので,興味のある方はお声がけください。

遊びのコーナーでは,けん玉やコマ回しに挑戦する子どもたちのも。子どもたちにはできるまで何度も挑戦し,「できた!」と,達成感を味わってほしいなと思い,わたしはできるだけ手伝わず,それぞれの子どもたちの方法を見ながら,アドバイスやコツを教えるようにしてます。どちらも力加減と身体の使い方がポイントです!子どもたちと一緒になってコマを回す少年のような井上館長の姿もありました。
8月30日には,小学校4年生の男の子が,「貝合わせで神戸を案内」という立派な自由研究の成果を見せにきてくれました!春の企画展「雛飾りと端午の節句飾り」での展示解説会で貝合わせのワークショップに興味を持ってくれたそうです。写真付きの丁寧な遊び方や歴史に加えて,実際に潮干狩りで獲ってきた貝を磨き,神戸の風物をモチーフにした自作の合わせ貝も作っていました。「貝に絵を描くのが小さくて難しかった~」と言いながらひとつひとつ見せてくれました。「TOY & DOLL COLLECTION」がそれぞれの子どもたちにとって,いつかの夏の記憶として胸に刻まれると嬉しいです。

KIITO便りNo.4
7月の「TOY & DOLL COLLECTION」             (2017.7.30 学芸員・原田悠里)
受付では七夕のつるし飾りが揺れた7月。ほとんど雨が降らなかった梅雨もいつの間にやら明けてしまい,神戸も夏に突入です!開港150周年の夏,神戸港では7月15日(土)から8月6日(日)まで「海フェスタ神戸」が開催中です。「港がつなぐ 海 ひと 未来」をテーマに神戸港周辺でさまざまなイベントや企画が予定されています。この「海フェスタ神戸」に伴い,期間中(7月15日(土)から8月6日(日)まで),「TOY & DOLL COLLECTION」を含む,神戸港と神戸文化の企画展「神戸・みなと・時空」は,入館料無料でご覧いただけます。土日祝はメリケンパーク,ポートターミナルとKIITOをつなぐ無料シャトルバスも運行中です。夏の神戸港をめぐり,「TOY & DOLL COLLECTION」で神戸人形,日本と世界のおもちゃ文化を楽しむ神戸1日コースなんてどうですか(o^^o)

夏休みに入ると,親子連れや子どもたちの来館も増えてきています。おもちゃづくりでも工作好きな子どもたちの個性豊かな蝶々や鶏が生まれています。先日は学童保育の11人の小学生が指導員の先生とともに来てくれました。コマに夢中な子もいれば,神戸人形に興味津々の子もいて,夏休みのおもちゃづくりに来たい!と言ってくれる子も。元気がありあまっている子どもたちに,折り紙の凧を渡すとKIITO内を駆け巡ってくれました。わたし自身も小学校6年間,放課後は学童保育でよく遊んで学んできたので,この子どもたちの元気さとたくましさが懐かしく,眩しく感じました。

また,団体さんのご来館も。福祉施設の方々が20名ほどずつ3日間にわたっておこしくださいました。初めて神戸人形を目にする方ばかりで,神戸人形のモチーフとからくりのおもしろさにみなさん子どものようにとても喜んでくださいました。最初に入口のウェルカム神戸人形で「この子のことご存知ですか?」と聞くと「くまモン?」なんて声や,首が伸びる神戸人形をお見せしながら「作り始めのころは何と呼ばれていたのでしょうか?」と尋ねると,「亀よ!亀人形じゃない?」と思わずなるほど!とうなずいてしまう答えをくださったりとわたしにとっても楽しいひと時でした。
神戸市立盲学校高等部のみなさんもおこしくださいました。郷土玩具から近代玩具への素材,動力の移り変わりを実際におもちゃに触れて,聞いて,見ていただくとともに,鳴く鶏のおもちゃづくりに,鳥笛の即興演奏と,盛りだくさんの内容でたっぷり1時間半を過ごしてくださいました。最後に代表の生徒さんから「郷土玩具が身近な素材で作られていたことが興味深く,神戸人形の面白さが心に残りました」という嬉しい言葉と素敵な笑顔をいただきました。おもちゃ文化のおもしろさを実物資料を通してを感じとってくださった生徒さんたちに尾崎学芸員とともにとても感激いたしました。
毎週日曜日の神戸人形の展示解説も夏休みに入り,より多くの方にご参加いただいております。また,展示品ひとつひとつに一歩ふみこんで,ぞの造形や素材,歴史に興味を持っていただけるようなワークシートもご用意しております。ワークシート片手に展示室を巡ってみてください。さらに「夏休みおもしろおもちゃづくり」も開催いたします。7月29日(土)・8月5日(土)・8月12日(土)・8月26日(土)の4日間。工作好きな子どもたち,手作り好きな大人のみなさまのご参加お待ちしております!来館してくださったみなさまがそれぞれの「TOY & DOLL COLLECTION」の楽しみ方を見つけてくださると嬉しく思います。





KIITO便りNo.3
「神戸人形講座」開催後記                    (2017.7.8学芸員・尾崎織女)
KIITOの「TOY & DOLL COLLECTION」――夏の企画展「神戸人形」には、創始された明治後期の頃から現在までの神戸人形資料300点を展示し、オープン以来、多くの方々に好評をいただいております。
この展示に合わせて6月25日に開催した“神戸人形講座”には、現在の神戸人形作者であるウズモリ屋・吉田太郎氏(神戸市東灘区在住)をお迎えしました。講座では、日本玩具博物館の尾崎織女よりプロジェクターの画像を示しながら、創始期(明治後期~大正初期)、興隆期(大正後期~昭和初期)、再興期(昭和中期~平成初期)とそれぞれの時代を彩った作者たちの作風や販売方法などについてお話をし、一方、人形劇美術家でもある吉田太郎氏より各時代の人形に見られるからくりの特徴について独自の見解を述べていただきました。また、開港150年記念の神戸人形「船乗り」(150体限定)を製作されるにあたっての創意工夫について、会場へ持参頂いた試作品や小道具、製作過程を示すパーツなどによって詳しくご説明いただきました。一時間半を超える長丁場でしたが、この小さなからくり人形を熱心に見つめるひとときは、神戸の街に生きた人々や物づくりの歴史に思いをはせる時間でもありました。会場からはみ出るぐらい多くの方々と一緒に、神戸人形120年の歴史とそれらを作り伝えてきた作者たちの世界をみつめて、充実したひとときを過ごさせていただきました。郷土玩具文化研究会、日本人形玩具学会はじめ、ご参加賜りました皆様、本当にありがとうございました。
■講座風景■
■神戸開港150年記念・神戸人形「船乗り」の製作過程資料 ■神戸開港150年記念・神戸人形「船乗り」完成品 ■オリジナル神戸人形Tシャツのウズモリ屋ファミリー
神戸人形は幾度も廃絶の危機に見舞われましたが、その度にこの人形を愛する人が現われて、前時代の作品を再現し、自身の個性を加えて受け継がれてきました。今また颯爽とよみがえった神戸人形を次代へとつないでいけるよう、吉田氏の神戸人形製作を皆で見守り、盛り上げていけたらと思います。



KIITO便りNo.2
夏の展示が始まりました/盲学校の生徒さんの来館         (2017.6.23  学芸員・原田悠里)
6月11日の閉館後から3日間(梱包を含めて5日間)の怒涛の展示替えを終え,6月14日からKIITOでの「TOY & DOLL COLLECTION」夏の企画展「世界の乗り物玩具」「神戸人形〜ミナトマチ神戸のからくり人形」が始まりました!ぐんと爽やかに,楽しい展示空間に替わりました。世界の乗り物玩具コーナーは,緑の展示台にちりめんの反物が雲のようにゆれ,雲の切れ目から飛行機やヘリコプターが旋回しています。玩具としてデザインされた乗り物たちは造形豊かでカラフル!
世界の乗り物玩具展示コーナー
グレーが基調のシックな展示空間にずらりとならぶ,麗しい木肌に黒の神戸人形。1体1体の表情とユーモラスな動きに,きっとみなさま魅了されると思います。お気に入りの一体を見つけてみてください。
日曜日毎のギャラリートークでは,神戸人形の歴史やからくりのおもしろさを実演を交えながらお話していきます。ぜひこの機会に神戸人形の魅力を堪能していただけたらと思います。神戸人形作家・吉田太郎氏が作ってくださった神戸開港150周年記念限定150個の神戸人形「船乗り」も残り少なくなってきておりますよ〜「TOY & DOLL COLLECTION」でしか買えませんよ〜
ギャラリートーク風景   
 
吉田太郎氏の 
150周年記念神戸人形 
・船乗り 
神戸人形展~数岡雅敦の神戸人形コーナー
**神戸市立盲学校の生徒さんたちとおもちゃ**
さて,今回もおもちゃが“つないでくれた”来館者さまとの楽しいひと時をご紹介したいと思います。
まだ春の企画展開催中の6月2日,神戸市立盲学校の生徒さんがお越しくださいました。3名の生徒さんにそれぞれ先生がつかれていて,主任の先生,そして教育実習の2人の学生さんの計9名のご来館でした。全盲の生徒さん,モノの光を感じることができる生徒さんとお聞きし,どのように楽しんでいただこうか
中国の京劇遊びに触れてみる…。
と,思い巡らしておりました・・・・・・そうよ!これだけ魅力的なおもちゃが並んでいるのよ!ふれていただけるものをいくつか取り出しながら,かたちや素材を確かめてもらいつつ,遊んでいただこう!と。
やはり遊べるコーナーは大人気です!ビー玉落とし,だるま落としは,仕組みを何度もさわりながら1つ1つの段階を確かめ,遊んでくれていました。お皿の数を数えながらドイツのけん玉と日本のけん玉の違いはどこかな?と一緒に考えてみたり。鳴りごまの音は大きすぎてびっくりさせてしまいましたが,中国の京劇遊びでは,銅製の盆を軽快にたたいて,その響きを楽しんでくれていました。実際に人形にも触れてもらい,人形の底についている馬のタテガミがお盆の振動で動くんだよと伝えると,強さ,速さを変化させながら,たたいてくれました。
小さい音も聞き逃さない生徒さんたち,郷土玩具のコーナーでは,鳩笛や竹笛,でんでん太鼓で音のあてっこもしてみました。神戸人形の舞台では,片手でつまみを回しながら,もう片手で人形がどんな動きをするのか1つ1つ確かめ,それぞれの生徒さんが一番お気に入りの神戸人形を何度も動かして遊んでくれました。
主任の先生によると,“つまみをまわす”という動作はあまりないので,新鮮なのでは,とのこと。


触れて聴いて動かして、おもちゃを楽しむ盲学校の生徒さんたち
音楽がすきな生徒さん,歌がすきな生徒さん,近代玩具のコーナーでは,70年前のちっちゃな卓上ピアノで演奏してくれたり(「ドの音がおかしいよ」と教えてくれました!),たいやきくんの人形とともに「およげ!たいやきくん」1番を完璧に歌いあげてくれました♪ これには先生方も「よぉ知ってるやん!」とびっくり! 最後はETに触れてもらい,「指がひとつ長いね!」という声に,「そうそう!その指にタッチしてみよっか」と生徒さん1人ずつ人差し指をタッチして「ト・モ・ダ・チ」交信をして終わりました♪
初めてふれるモノ,初めて知るモノに「これはなんだ?」と最初はおそるおそる真剣な表情の生徒さんたちも,しっかり触れて,聞いてみて,どんなモノかがわかると,たちまち笑顔になっていく様子に,わたしも嬉しくなって,あれもこれもと伝えたくなってしまい,あっという間に1時間がすぎてしましました。おもちゃ文化の本質と魅力をあらためて肌で感じることができました。



KIITO便りNo.1
おもちゃ文化と来館者をつなぐ         (2017.5.25  学芸員・原田悠里)
みなさま,はじめまして! KIITO会場の「TOY&DOLL COLLCTION」を担当しております新米学芸スタッフの原田悠里(はらだゆり)です。
毎日,三ノ宮駅からフラワーロードを海にむかって南にゆっくり20分ほど歩いて,「TOY & DOLL COLLECTION」会場のKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)へ出勤しています。KIITOでは,神戸開港150周年を記念した神戸港と神戸文化の企画展「神戸 みなと 時空」が開催され,当館も「TOY & DOLL COLLECTION」として,約3000点のコレクションを展示しています。オープンから4ヶ月,日々会場を見守りながら,おもちゃ文化と来館者の方々を“つなぐ”ことができればと奮闘しています。
そんなKIITOでは日々、うれしいできごとがおこります。そんな中から2つをご紹介いたします。


**感激!おじいさまとの再会!?**

「TOY & DOLL COLLECTION」では、季節の企画展コーナーを設け、1年間の展示に合わせて、新春、春、夏、秋と冬4回の展示替えを行います。春の企画展「雛飾りと端午の節句飾り」(6月11日まで)では、明治・大正時代から神戸のご家庭で受け継がれてきた、御殿飾りや古今雛段飾りととともに、高さ1.2mの甲冑飾りと諸道具、座敷幟を展示しております。迫力のある華やかさ,そして繊細な日本の工芸技術が結集した端午の節句飾りは,宮内省御用達の神戸・上田人形店によるものです。
先日,その上田人形店ゆかりのご家族がお越しくださいました。


上田人形店を始められた上田クマスケ氏のお孫さんにあたるご姉妹です。実は,新聞でこの展覧会をお知りになった妹さまが先にお見えになり,「実家の方にも残っていない大きな節句飾りです!」と涙ながらに感激され,「必ず,名古屋の姉を連れてきます!」とおしゃっていました。お約束通り,先日,お姉さまとご一緒にお越しくださったのです。
おじいさまの上田クマスケ氏は,大阪で人形作りや道具づくりの修行をされ,節句飾りを作り始め,その後,ご姉妹のおばさまにあたるクマスケ氏の娘さん夫婦とともに,上田人形店を続けられていたそうです。
妹さんは入ってこられるなり,お姉さんに早く節句飾りを見てもらいたいようでソワソワ。神戸人形や世界の人形に目をむけるお姉さんの腕をつかんで,「先に飾りをみて!連れて行くから目をつぶって!」となんとも十代のご姉妹のようなご様子でした。―――「あらー!」と目を輝かせて喜ばれたお姉さん。「この小槌はおばさんが作ったものよね〜」,「この台座の装飾はやっぱり素敵だわ」と思い出が尽きないようで,わたしもいろいろとお話を聞かせていただきました。本当にお二人とも感慨深かそうに仲良くご覧になっておられました。
「おじいちゃんが上から見て笑ってるわ。」「おじいちゃんたちに会えたみたい!」と喜ぶお二人に,せっかくだからとそれぞれのカメラで写真をお撮りしたのですが,「あれ?同じカメラですね。」とお伝えすると「えー!神戸と名古屋でまったく別々に買ったのよ。いやーすごいわね〜」と,離れて暮らしていてもいくつになっても仲良しご姉妹さまでした。


上田人形店(神戸市兵庫区にありました)ゆかりのご家族ご来館
**夫婦それぞれの神戸人形物語**

台湾からご夫婦がいらっしゃいました。奥様は台湾人のピアニスト,旦那さまは骨董屋めぐりが趣味で,オペラ歌手のような歌唱力をもつ(!)イタリア人。
メインディスプレイコーナーに展示中の神戸人形
楽しんでいただけたらと神戸人形のコーナーでいくつか動かしてご案内していたところ,奥さまが小田太四郎のオリジナル作品,目が飛び出す『シルクハットの紳士』を
「シルクハットの紳士」
(昭和初期/小田太四郎製)
見てびっくり! 子どものころにおばあさまからもらわれた目が飛び出す人形にそっくりというのです。なんでも奥さまのおじいさまは東京大学へ留学され,おばあさまは東京歯科大学を出られて,台湾で初めての女性歯科医師になられたというお2人ともすごい方だった
日本玩具博物館版「西瓜喰い」
のですが,孫である奥さまに日本のおもちゃをたくさん送ってくださったそうです。こまやけん玉とともに目が飛び出す神戸人形もあって,その思い出がよみがえり,とても感激されていました。

旦那さまにも,旅行で訪れたロンドンの骨董屋さんで,今も忘れられないものがありました。とてもとても高くて買うことができなかった,と。それをここで見つけました!と興奮気味に話す先には神戸人形が―――。日本玩具博物館版の『西瓜喰い』を買われ,「I’m happy! So happy!!」とKIITO中に響く歌声で『O sole mio(オ ソーレ ミーオ)』を一節!「子々孫々までこのおもちゃを伝えていくよ!」と投げキッス(さすがイタリア人!)を残し,ご夫婦ともに大満足で台湾に帰って行かれました。


記念撮影(右からご来場のご夫妻、原田、受付スタッフの西台女史)
上田家のご姉妹,台湾のご夫婦ともにそれぞれが心深く大切にされていたモノに,当館の展示を通して再び巡り会え,つながることができた瞬間に立ち会えたことはとても嬉しい体験でした。