2004年12月



煙だし人形のニコラウス
(ドイツ・エルツゲビルゲ地方/木/1980年代製)


 
ドイツのクリスマスにプレゼントを運ぶ人物は、ヴィアナッハマン(聖夜の人)、クリスト・キント(幼子/精霊)、ループレヒト(農耕神)、そして、ザンクト・ニコラウス(ニコラウス聖人)…と、地域によって異なります。
 ザンクト・ニコラウスがやってくるのは12月6日。司教服に身を包み、プレゼントの大きな袋とともに木の枝のムチを持って、厳格な表情で各家を訪問します。家族に迎えられたニコラウスは、子どもの両親のもとに進み出て、その家の子どもたちが「一年、いい子にしていたかね?」と尋ねます。良い子にはプレゼントを、悪い子にはムチのお仕置きが待っています。農村部などではニコラウスが鬼を連れて来るから、子どもたちはたまりません。
 こうしたニコラウスの訪問には、その昔、新年の実りをもたらすためにやってきていた農耕神の姿が重ねられているといいます。
 人形は、手にムチをもっているものの愛らしい表情のニコラウスです。胴部が二つに割れて、中にお香を仕込むと、丸い口からいい香の煙を吐き出す楽しい仕掛けのクリスマス玩具です。


2004年11月



ユール・トムテとユール・ボック
(スウェーデン・ストックフォルム/木・フェルト布・麦わら/1980年代製)



 クリスマスに贈り物を届けるのは、最近ではどこの国でもサンタクロースの仕事になってしまいましたが、ひと昔のヨーロッパでは、地域によって様々な姿の贈り物配達人がいました。スウェーデンのクリスマス(=ユール)に家々をまわって贈り物を置いていくのは、かつてはユール・トムテと呼ばれる小人たちでした。
 トムテは普段は家畜小屋に住む家の守りと考えられています。クリスマスには、ユール・ボック(ヤギ)のひくソリに乗って贈り物を届けてくれます。ヤギは、キリスト教が伝わる以前のスウェーデンにおいて、雷神トールの乗り物だとされていたのですが、そうしたイメージが下地になって、ヤギのひくソリが誕生したのでしょうか。トムテは、粗末な灰色の衣装、赤い帽子と赤い靴下を身につけ、木靴をはいた姿であらわされます。
 写真は、一年の豊かな実りを感謝する意味を込め、麦わらを束にして作られたユール・ボックと、伝統的な姿で表されたユール・トムテの人形。現在、6号館で開催中の特別展『世界のクリスマス』の北欧のコーナーに展示しています。


2004年10月



六羽のフクロウ笛(ペルー/土製/1980年代製作)


 古代ギリシャでは学芸の神・アテナの使いの鳥として信仰を受けたフクロウは、夜の悪霊や外敵から人々を守ってくれる鳥として、世界中で敬愛されてきました。夜のとばりの中で目をらんらんと光らせているからでしょう。
 愛らしい目をした六羽のフクロウがおしくらまんじゅうをしているようなこの作品は、南米ペルーからやってきました。高さ10p。茶と白で彩色されたフクロウたちは、全体に素焼きの笛に作られているのです。
 小さな吹き口から息を吹き込むと、ヒュー、ヒューと風が吹きぬけるような音が響きます。六羽それぞれが風箱になっているので、よく耳を傾けると、六種類の音が一度に鳴っているようです。アンデスを駆け抜ける風の中で吹き鳴らすと、自然の中に溶け込んでいくことでしょう。

 
2004年9月



鳥の巣笛(ポルトガル・バルセロス/1970年代製)


 ポルトガルのバルセロス地方は、様々な陶器を産する民芸の産地として知られています。これは、白、赤、青などの鶏や鳩が群れをなして枝にとまり、花や果物も配されて、とても華やかな造形です。全体として、豊かな生命を育む樹木を表わしたものと思われます。
 この作品は笛になっていて、樹木の根っこに当たる部分の吹き口から息を吹き込むと、超高音が鳴り響きます。高さ30p。

 
2004年8月



木彫彩色のゾウ車(バングラデシュ)



 インドやバングラデシュ、スリランカなどの国々では、宗教はヒンドゥー教、イスラム教、仏教と互いに異なりますが、ゾウは、いずれの国でも神聖な動物として信仰と敬愛を受けてきました。南アジア地方の動物玩具の中では、ゾウを題材にしたものが目立ちます。
 この作品は、虎車や馬車などとともに1980年代中頃に入手したものです。彫刻刀の跡が残る勢いある造形に、黒、黄、白、赤、緑の彩色の華やかさが存在感を放っています。バングラデシュの人々は、ゾウを描いたり作ったりする時、その形の中に、自然神への尊敬と家族の幸福への願いを込めるのだといいます。

 
2004年7月



‘陶器のアルマジロ’
(メキシコ・ハリスコ州トナラ) 


 ハリスコ州の州都グアダラハラに近いトナラは、動物や生活雑器など、古くから陶器作りで知られています。丸く大らかな形には、土着の先住民たちの造形感覚が表われ、繊細な文様には、移入してきたスペインの装飾的な美意識が感じられます。
 中南米の国々において、アルマジロは身近かにいて人々に親しまれている動物のひとつです。トナラのアルマジロは、愛らしい黒い目が、今にも動き出しそうな生命感を伝えています。

 
2004年6月



‘熊の太鼓叩き’
(ロシア・モスクワ州)



 ロシアのモスクワ州ザゴルスク市ボゴローツク村で作られている熊の仕掛け玩具です。オモリをまわすように、揺り動かすと、二頭の熊が太鼓を叩き、楽しく動きだします。ボゴローツク村は、19世紀から木彫り職人たちが集まって暮らし、「赤ちゃんは小刀を手にして生まれる」という諺があるぐらい、木彫りの仕事には愛着と誇りがもたれていました。
  ところで、熊は、ロシア人にとっては、古くから愛すべき友人として扱われ、「ミーシャ」と親しみを込めて呼びかけられます。


2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  新着情報に戻る









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174