2005年12月



サントンによるクレーシュ(キリスト降誕人形)
(フランス/1980年代)



 日本ではあまり馴染みがありませんが、降誕人形は世界の多くの国でクリスマスを代表するオーナメントとして知られています。赤ん坊のイエス、マリア、ヨゼフ、東方の三博士などによってイエス=キリストの降誕場面を再現するもので、ヨーロッパでは国ごとに呼び名があります。フランスでは降誕人形のことをクレーシュと呼んでいます。このクレーシュ、中には等身大のものもあり、クリスマスミサに教会に集まった人々は、クレーシュを囲んでキリスト降誕を祝います。
 その昔、フランス革命の時には教会が閉鎖されてしまい、クリスマスにクレーシュを見ることが出来なくなったそうです。そこでプロヴァンス地方の人々は、自分たちの手でクレーシュを作成しました。土で小さな人形を作り、直接絵付けが行われましたが、これがサントン人形の始まりです。ちなみに「サントン」とは「小さな聖人」を意味します。
 サントン人形はプロヴァンス地方の郷土人形として、現在ではクレーシュだけでなく、プロヴァンスの生活の様子を表わすようなものもあります。高さは、小屋:約13cm、マリア:約5cm。6号館で開催中の特別展『世界のクリスマス物語』でご紹介しています。

2005年11月



パン細工のオーナメント「ヴィゾヴィーチェ」
(チェコ/1990年代)



 現在開催中の特別展『世界のクリスマス物語』では、世界各国のクリスマス飾りを紹介していますが、東欧のコーナーでは、チェコで作られるパン細工のオーナメントが来館者の注目を集めています。
 これは、ソルト・ドゥ(Salt dough)と呼ばれるパン生地を焼いたもので、太陽、天使、鳥、ザリガニ、蛙、魚、孔雀などをかたどった径5〜6cm前後のツリー飾りです。小麦粉と塩を1対1の割合で練り合わせた生地で焼かれるので、腐りにくく長もちします。かつて、このようなパン細工のオーナメントは、春まで飾られた後、収穫への願いを込め、粉にして畑にまかれていたといいます。パンが主食であるヨーロッパの国々のクリスマス飾りには、パンやビスケット、クッキー、あるいは麦わらを使ったものが数多く見られます。収穫を感謝し、来る年の豊作を願う心がクリスマスの底流に流れているからなのでしょう。
 ちなみにチェコのクリスマスには鯉の料理が好まれます。細工を凝らしたパンの魚は、鯉を表わしたものかもしれません。

2005年10月



ンデベレ族のビーズ細工人形 (南アフリカ/2000年代)


 南部アフリカ地域には、象牙や毛皮、鳥の羽根などと引き替えにヨーロッパからガラスビーズが入ってきたと言われています。それより以前は、ダチョウの卵殻や貝殻、動物の歯などがビーズに加工されていました。
 南アフリカ共和国などに居住するズール族やンデベレ族の民族衣装や装飾品には、昔からビーズ細工が欠かせませんが、近年は、その伝統のビーズ細工を応用して人形や玩具作りが行われています。写真にご紹介するものは、ンデベレ族の風俗人形で、頭部や衣装のガラス・ビーズによる装飾が非常に美しい作品。ンデベレ族は、ブロックを積み上げセメント仕上げをした家にフリーハンドでカラフルな幾何学文様の壁絵を描くことでも有名で、こうした美的センスが人形作りにも応用されているようです。ただ、この人形は、自国の子ども達のためのものというより、他国への土産品としての性格が強いものです。高さ約30cm。
 1号館で開催する秋の企画展『アフリカのおもちゃと造形』(9/10-11/15)で、展示しています。

2005年9月



エベ族の人形 (トーゴ/2000年代)


 トーゴは、アフリカ西部のギニア湾に面した小国です。この地域に居住する部族は、精霊と対話するため、あるいは健康や多産、家内安全などの願いを込めて、数多くの仮面や彫像を生み出してきました。
 写真は、トーゴと西隣のガーナにまたがって居住するエベ族が作る彫像で、高さが20cmほどの大きさです。もともとは双子を表わしており、安産祈願や無病息災のお守りとして使われていました。女性は腰巻に包んでこの人形を身につけ、時にはご飯を食べさせたりして、自分の子どものようにかわいがったといいます。
 フランスの植民地支配を受けた時代、ギニア湾岸の部族たちは、西洋からの視点を得たことによって、部族美術の特徴をより強く打ち出した彫像を作るようになりました。これらは「コロン人形(コロニアル時代=植民地時代の特徴をもった人形)」と呼ばれています。ここに紹介する美しい男女一対のエベ族人形も、部族社会の信仰に基づいたものから、土産物として西洋社会でも親しまれるものへと変化を遂げたものと思われます。
 1号館で開催する秋の企画展『アフリカのおもちゃと造形』(9/10-11/15)で、展示いたします。

2005年8月



ポンポン船(日本・昭和20〜30年代)


 昭和30年代の頃まで、子どもに人気のあった水遊びの玩具といえば、ブリキの金魚や水鉄砲、ショウノウ(樟脳)船と並んで、ポンポン船をあげる人が多いでしょう。ブリキ製の船体にロウソクの火を入れると、ポンポンと音を立てて水面を走ることから「ポンポン船」と呼ばれましたが、昭和初期の頃には、まだ川をのどかに運航していた蒸気船と結びつけて「ポンポン蒸気船」と呼ぶ人もありました。
 ポンポン船を夢中で走らせながら、誰でもが発した疑問――いったい、この船はどんな仕組みで水上を進むのでしょうか?船の中には、小さな皿状の密閉された部屋(ボイラー)が設けられ、このボイラーから船尾へと管がのびています。はじめに船尾の管からボイラーに水を送り、ロウソクの火でボイラーを熱します。すると中の水は加熱され、やがて気化し、水蒸気が管から一気に放出されるのです。船はにぎやかな音をたてて水の上を前進します。
 この玩具が初めて作られたのは、大正4(1915)年のこと。アルコール焚きの船で、非常に高価だったため、あまり普及しなかったのですが、昭和初期になってロウソクの火で走るポンポン船が十分の一の価格で登場すると、どこの夜店でも売られる人気玩具となりました。
 昭和時代の子ども達を科学的な考察へと自然に誘っていたすばらしい発明玩具を、今一度、見直してみたいものです。
現在1号館で開催中の企画展『水遊びと縁日のおもちゃ』でご紹介しています。

2005年7月



木の人形「ドッケ」
(ドイツ・ベルヒテスガーデンの玩具)

 

 ドイツでは古くから栄えた3つの木製玩具の産地があります。一つ目は、ゾンネベルクを中心とするチュ―リンゲン地方、二つ目はチェコとの国境に近いエルツゲビルゲ地方、そして三つ目がオーストリアと国境を接するドイツ南部のアルプス地方です。
 ベルヒテスガーデンは、アルプス地方の中心的な産地で、騎馬笛や馬車の玩具の他、写真に紹介する「ドッケ」が有名です。ドッケは日本のこけしにも似たロクロ細工の木の人形。ヨーロッパの人形にはめずらしく手足が作られていないのは、この人形が赤ん坊を表しているからです。中世から19世紀頃まで、ドイツをはじめ、ヨーロッパの国々では、生まれたばかりの赤ん坊は、手足を胴体にしっかりと固定し、亜麻布ですっぽりと包まれていました。魂が赤ん坊の身体から抜け出してしまうのをふせぐまじないとも考えられています。20世紀初頭、ドイツの子ども達は、ドッケを赤ん坊に見たてて、抱いたり、あやしたりしてごっこ遊びを楽しんでいました。
 現在開催中の特別展『ドイツおもちゃ紀行』でご紹介しています。
 
 2005年6月



赤ん坊を運ぶコウノトリ


 古き良きドイツの農村において、コウノトリの絵が道路に描かれていたら、くちばしが指し示す方向をたどってみて下さい。次々にコウノトリが現れ、結婚式場へと導いてくれるでしょう。

 
ヨーロッパの国々に、コウノトリが赤ん坊を運んでくるという伝承があることはよく知られているところです。結婚した夫婦が子宝に恵まれますように………、そんな人々の願いがコウノトリを結婚式と結びつけたのでしょうか。
 写真は、ドイツ東部、エルツゲビルゲ地方で19世紀初め頃から作られている有名な郷土玩具です。高さ20pの小さなコウノトリの背には擬人化された森の精がまたがり、身体にはたくさんの赤ん坊をくくりつけています。尾羽の部分は小箱になっていて、中からは哺乳瓶やシーツなどが出てきます。その昔は、これよりももう少し大きなものが結婚式の引き出物として使われていたそうです。
 特別展『ドイツおもちゃ紀行』(6月25日から10月11日)でご紹介します。


2005年5月



じんぐうこうごうとたけうちのすくね
武者人形・神功皇后と武内宿禰(明治時代)


 和漢の勇者を人形に仕立て、通りに面した室内に飾りつける武者飾りが登場したのは江戸時代中頃のこと。太閤秀吉と加藤清正、義経と弁慶をはじめ、大将と従者の人形を組み合わせて飾る様式は、明治・大正時代まで都市部を中心に人気がありました。昭和時代に入って、甲冑飾りが人気を博するまで、武者人形は、室内飾りの主役を務めていたのです。
 この武者人形は、明治時代に京阪神間で飾られたもので、神功皇后と武内宿禰をあらわしています。高さ70p、飾り付けると80pをこえる大型の人形です。動的な姿態と玉眼に宿る生命感が独特の雰囲気をかもしています。
 神功皇后は大和朝廷初期に活躍した仲愛天皇の后、女性ながらに武者姿で出陣し、途中、応神天皇を出産します。武内は、皇后に仕え、さらに幼帝の応神を助けて偉功があった忠臣で、思慮深い老人の姿で表現されます。武内が大事そうに抱いているのは、産着に包まれた応神天皇です。『古事記』や『日本書紀』の中で、英雄的な支配者として語られる神功皇后とその事業をサポートする武内宿禰の組み合わせは、武運長久を象徴するものとして、明治・大正時代には特に人気がありました。

2005年4月



美江寺の土鈴(岐阜県岐阜市)


 美江寺の春の「蚕祭り」に、境内の露天で売られる縁起物の土鈴です。江戸時代からの歴史を持ち、明治35年(1902)に刊行の玩具画集『うないの友』にも紹介されています。古くからこの地方は養蚕が盛んであり、この土鈴を買い求めて蚕室に吊るして鳴らすと、外敵の鼠を防ぎ、蚕の成育がよいと信じられていました。今は、五穀豊穣、商売繁盛の縁起物として求められます。
 土鈴の形には、宝珠、釜、米俵、巾着、福神などがあり、いずれも赤、青、黄色を基調とした描彩に特色があります。製作は隣接する尾西市の起土人形の中島家が作っています。春の企画展『土の鈴・形と音色』に展示中です。


2005年3月



御殿飾り雛(明治時代後期)


 江戸時代、1837(天保8)年頃から十数年にわたり、喜田川守貞が諸国を歩いて著した『守貞漫稿』という書物には、京阪と江戸の雛飾りの違いが記されています。要約すると、「京阪の雛飾りは、二段ほどの壇に緋毛氈をかけ、上段には御殿を据え、殿中に一対の雛を、階下の左右に随身二人と桜橘の二樹を並べ飾るのが普通である。一方、江戸では御殿の形は用いず、屏風を立てて一対の雛を飾り、七、八段にして、官女、五人囃子を置く」。
 江戸時代の終わり頃、江戸の段飾りに対して、京阪では御殿飾りが一般的であったことがわかります。御殿は御所の紫宸殿(ししんでん)になぞらえたものといわれ、雅やかな宮中の生活を雛人形によって表現したのでしょうか。
 写真は、明治末期に作られた幅1.4m、豪華な桧皮葺(ひわだぶき)の御殿飾りです。本物そっくりの豪壮な御殿は、宮大工や指物師の手によるものと言われています。中に飾られる人形は、京都の人形師、橋本幸三郎の手になるもの。可憐な内裏雛は、随身が警護する本殿奥に静かに座し、五人囃子の奏でる能楽の音に混じって、官女のささやき声が響いてくるようです。雛人形たちが使うための小さな金蒔絵(きんまきえ)の箪笥や化粧道具、煙草盆や火鉢、食器や楽器まで添え飾られて、女の子ならママゴト遊びをはじめたくなる楽しさです。細部まで心のいき届いた人形や諸道具の作りには、古き日本の手仕事の丁寧さが薫ります。
 

2005年2月



享保雛(江戸時代後期)


 江戸時代の雛人形は、発達する過程において数々の様式を生み出しました。時代の名前をとって寛永雛、元禄雛、享保雛などの呼び名があり、また次郎左衛門雛、古今雛なども有名です。
 当館春の特別展『江戸から昭和のお雛さま』に展示する資料の中でひときわ目を引くのが大型の享保雛です。段飾りが発達していなかったためか、18世紀の雛人形は今日より大きく作られていました。
 享保雛の特徴は、目が切れ長、少し口を開いた立体的な表情にあります。金襴、錦の装束をまとい、男雛は両袖を高らかに張りあげた姿、女雛は五つ衣、唐衣にたっぷりとした緋袴姿です。享保雛といっても、享保年間(1716〜1736)に作られたとは限らず、実際、明治時代に入ってからの雛人形でも、この様式のものは享保雛と呼ばれています。
 写真の享保雛は今回初公開。近江の旧家の蔵から発見されたもので、島台に座した姿で50cmほどの高さがあります。堂々として気品に溢れる作品です。


 2005年1月



花巻土人形・鶏抱き童子(岩手県花巻市/明治時代製)


 岩手県花巻市は古くから良質の土人形が焼かれてきました。これは、童子が鶏を抱きかかえている姿を表現したもの。止まっている伏せ籠の様子から、闘鶏用の鶏だとわかります。節句などに豊作や吉凶などを占うため、かつては闘鶏が神社などでよく行われていましたが、勇猛果敢な闘鶏を平気で抱く童子の姿は、江戸や明治の人々がイメージする元気な子ども像なのでしょう。
 鶏は、トキの声とともに夜のとばりをやぶり、明るい太陽を運んでくる霊力をもつとして古くから敬愛の対象でした。朝日に輝く鶏は、希望に満ちた子どもたちが抱くにふさわしいものかもしれません。


2004年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年  新着情報に戻る









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174