2007年12月



星形のピニャータ(メキシコ/1980年代) 


 メキシコでは、「ポサダ」と呼ばれるクリスマス行事が9日間にわたって繰り広げられます。身重のマリアとヨゼフがベツレヘムの町であちこちの宿を訪ね歩いたことを再現するもので、宿になる家々では賑やかなパーティーが催されます。
 そんなクリスマスパーティーの中で、子どもたちが楽しみにしているのが「ピニャータ」割りです。素焼きの壺のまわりに木切れや新聞紙を使って動物や鳥、星や花など様々な形を作り、その上をきらきら光る紙や切り紙細工などで飾り、壺の中には、お菓子や小さな玩具、時にはいたずらに「たわし」などを入れて完成させます。ピニャータはパーティー会場の天井から吊るされ、パーティーの終盤、集まった子どもたちは目隠しをして、ピニャータを叩き割ります。割れたピニャータから床にこぼれたたくさんのお菓子や玩具を拾い集めて持って帰った楽しい夜の出来事は、メキシコの子どもたちにとって、クリスマスの欠けがえのない思い出になっているようです。
 写真は、1980年代にメキシコシティーに滞在していた方から寄贈いただいた星形のピニャータです。高さが20cmほどの小さなピニャータですが、これらを切り紙細工の旗飾りとともにたくさん天井から吊るし飾ると、さぞ、華やかな夜のパーティーになることでしょう。
 星の光を表わすとがった部分は、本当は鬼の角を象ったもので、キリスト教上の罪を象徴するといわれる向きもあります。ピニャータを叩き割ることでたくさんの罪を打ち破り、清浄な気分でクリスマスを迎える・・・、そんな意味も含まれているのかもしれません。

2007年11月



あやつり人形・St.ミクラーシュと煙突掃除のおじさん
(チェコ/1990年代) 

 筆者はクリスマス待降節(アドベント)のヨーロッパを旅したとき、街中で煙突掃除人の仮装行列を目にしました。黒い衣装を着て練り歩く一団は、掃除用の大きなブラシを担ぎ、顔も手も煤で真っ黒。子どもたちは大喜びで駆け寄ります。煤だらけの彼らに触れると、病気にならず、新しい年には幸せがやってくるというのです。
 暖炉と煙突のあるヨーロッパの暮らしに、煙突掃除はなくてはならない職業ですが、冬の街をパレードする彼らには、何か別の役割がありそうです。
 ヨーロッパの人々は、紀元前の大昔から、森の恵みを受けて暮らしてきました。特にハシバミやミズナラからとれる木の実は、数千年にわたり、貴重な栄養源になっていたようです。クリスマスの頃、暖炉でそれらの丸太を燃やす行為には、収穫を感謝する心が込められました。
 飛び出す火の粉には、樹木の生命が宿ると信じられ、暖炉の炭や灰が生命の源として畑にまかれたり、治療薬として使用されたりもしたのです。焼ける樹木に対するそんな民俗信仰をふり返ると、煤をつけた煙突掃除人の身体に触れることの意味がよくわかるのです。
 写真は、チェコの首都・プラハの人形劇に登場するあやつり人形で、この国のサンタクロース「St.ミクラーシュ」と、黒い衣装の煙突掃除のおじさんを表わしています。二人は煙突の上で、子どもたちに届けるクリスマスの贈り物や新年の夢について話し合っているのでしょうか?

2007年10月



四日市祭・大入道の玩具 (大正期/昭和30年代) 


 日本玩具博物館のある播州には秋祭の季節が到来しました。かつて、祭日の露店では、山車、屋台、神輿(みこし)、獅子頭、天狗やおかめ・火男(ひょっとこ)の面など、地域の祭礼にちなんだ玩具が売られました。それらを買ってもらった子どもたちは、祭が終わった後も、その様子をまねて遊び、夢の余韻を楽しみました。1号館では現在、『おもちゃで綴る日本の祭』と題する企画展を開催中です。展示品の中に、四日市の「大入道」という素朴な祭礼玩具があり、来館者の目を引いているものがあるのでご紹介しましょう。
 三重県の四日市祭(8月第一土曜)には、地面から9mもある「大入道」の人形山車が登場します。大入道は、舌を出して目をむき、眉毛を動かしながら、町を練る日本の最大のからくり人形で、明治3(1870)年に鯨の髭を使った仕掛けによって、ぐーんと首が伸びるようになったそうです。起源をたどると、江戸時代後期、村々に狸の怪異があって、狸除けに作られたものといい、文化2(1805)年に名古屋在住の人形師竹田寿三郎、藤吉父子の手になるものと伝わっています。第二次世界大戦によって町は焼失しましたが、山車部分以外の大入道は疎開していたために、戦火をまぬがれ、昭和26年に復活、今に続いています。
 写真は、その大入道の仕掛けを玩具化したものです。紙製石版刷りで、2本の胴串がついています。1本を持って、片方の串を上下に動かすと、坊主頭の大入道の目が黒目から赤目、青目(金目)と変わり、舌を出したりひっこめたり、首が伸びたり縮んだり・・・、素朴ながらに、山車の特徴をよくとらえた玩具です。服部家が今も製作を続けており、四日市市のじばさんビル内の土産物店などで手に入ります。
 この玩具を見ると、筆者などは、子ども時代に読んだ『べろ出しチョンマ』(斉藤隆介作)の主人公を思いおこします。父親が年貢軽減を幕府に願い出た罰として、一家全員が磔刑に処されてしまいます。12歳の長松は3歳の妹を怖がらせまいと自分の眉を八の字に下げ、舌を出しておかしな顔をつくり、笑わせると、そのまま、槍で突かれて死しんでしまうという哀しい物語です。狸の怪異を払い除けようとした大入道とはかけ離れたお話ですが、この玩具の可笑しみの中に漂うやさしさと斉藤氏の描く長松の心はある意味、通じているのかもしれないと思ったりします。

2007年9月



ペグ・ドール(アメリカ合衆国バージニア州/1990年代)


 日米両国の文化に造詣が深いアメリカ人のルヤック女史がアメリカの手芸誌『PieceWork』にちりめん細工を紹介してくださったのがご縁で、1996年、アメリカメリーランド州ボルチモアで開催された「ドール・メイキング・コンフェレンス」に当館からちりめん細工のワークショップをもっていきました。その折、18世紀のアメリカが再現された町・バージニア州ウィリアムズバーグを訪れ、町のミュージアムショップでもとめたのがこの人形です。
 「ペグ・ドール」とよばれるこの木製人形は、18世紀後半にイギリスで作られ始めたファッションドールの原型です。手足が動き、流行の衣装を着せ替えて楽しむ人形でした。南ドイツのオーバーアマガウ民俗博物館をはじめ、ドイツやイギリス各地の玩具博物館には大小さまざまなペグ・ドールが収蔵されており、18世紀から20世紀初頭にかけて、この人形がいかに愛されていたかがわかります。
 バージニアは北部マサチューセッツとならび、新大陸植民地、そして独立後の新国家アメリカの政治、文化の中心地であり、ウィリアムズバーグは約2000の人口を有する、当時としては、大きな町でした。そして現在、町の一部(コロニアル・ウィリアムズバーグ)は、18世紀の町並みを復元した巨大な歴史博物館であり、その中で人々が当時のままの生活をおくっている生きた博物館でもあります。
 バラの飾りをつけたチュールレースのショールや帽子、ヴィクトリア調の衣装からは、この人形がイギリスから持ち込まれたことを感じさせ、また、古き良き時代のアメリカの人々の様子を彷彿させてくれます。
 この作品は、現在開催中の特別展『世界の国の人形』でご紹介しています。

2007年8月



ヤミ族の漁船のおもちゃ (台湾/1960年代) 


 台湾の南東に「蘭嶼」という名の小さな島があります。ここには、昔から周辺の海での漁猟を主な生業とするヤミ族が住んでいます。
 ヤミ族の男たちは、太陽が没した後、潮の様子を見ながらトビウオの群れを求めて、手作りの漁船で太平洋へ漕ぎ出します。その船は、独特の文様によって飾られています。
 白い船体の周囲を黒と赤で何層にも埋め尽くしたおびただしい数のウロコ型文様は、魚を表現したものでしょうか。それとも海を図案化したものでしょうか。いずれにしろ、強い魔よけの力が感じられます。船首と船尾の丸い目は、彼らを守護する太陽を象徴し、黒く描かれる人物は、自然の恵みに感謝するヤミ族の姿を表しているといいます。   
 写真は、その漁船をまねて1960年代頃に作られた全長45cmの玩具です。かつてヤミ族の父親たちは、漁を待つ手すさびに、壊れた船の廃材などを利用して、子どもたちのため、小さな船の模型を作りました。子どもたちは、父親から与えられた船で遊びながら、自分もまた、トビウオの群れを追って大海に漕ぎ出していくその日を夢見たのでしょう。
 美しい文様で飾られた小さな漁船には、太陽や海を大切に生きてきたヤミ族の誠実な心と、父親たちの仕事への誇りが漂っています。

2007年7月



京劇あそび (中国/1980〜90年代)


 ジュアーン! ジュアーン、ジュアーン・・・・・・ジュアーン!
 人形がのった銅製盆の端を木の棒で叩くと、銅鑼のような音に合わせて、手に武具を持った京劇人形が思い思いに回転し、あたかも芝居をしているかのようなしぐさをします。
 人形たちの高さは15cm。回転の仕掛けは、人形の底の部分に丸く取り付けられた長さ5mmほどの豚の毛(昔は馬のタテガミ)にあって、盆の振動の加減で、人形が激しく、また静々と動きまわります。力いっぱいに叩いても人形が倒れにくいのは、底の部分が粘土で固められていて、安定がよいからです。
 「京劇遊び」は、北京の伝統玩具のひとつで、かつては春節(中国の正月)で売られていました。百年ほど前には非常に人気があり、1915年にカナダで開かれた万国博覧会で銀賞を獲得するほどの有名玩具でしたが、その後、種々の事情から次第に忘れ去られ、1950年代には、作る人も途絶えてしまいました。
 近年になって、行政主導で復興にのりだしたところ、幸い、かつての作者を探し出すことが出来たそうです。その方たちから、技術の伝授を受けた白大成氏(書画や京劇の愛好家)は、さらに創意工夫をこらして、立派な作品を作り上げるのに成功しました。
 写真でご紹介するのは、1998年に上海児童博物館から寄贈を受けた白氏の作です。現在開催中の特別展『世界の国の人形』でご紹介しています。

2007年6月



ブリキの金魚(日本/昭和20〜30年代) 


 金魚は、室町時代に中国から伝わり、江戸時代には現在の大和郡山市で養殖が始まったといわれています。中国では、今でも金魚は「お金が貯まる」縁起物で、節日にはその絵を玄関などに飾って家の豊かであることを祝う地方もあります。日本では、夏の風物詩のひとつとして古くから愛されてきました。
 写真は、ブリキ製の金魚で昭和20年代から30年代にかけて作られたものです。この時代は、子ども達の水遊びの友人であり、お風呂に浮かせて遊ぶ「浮きもの玩具」の代表選手でもありました。
 ブリキの金魚が誕生したのは、明治末期のこと。玩具製造業者が、輸出向けに「金魚のがらがら」をブリキで製作し、大量の受注を受けたところ、1911(明治44)年に起こった中国での辛亥革命(清朝の滅亡/孫文による中華民国建国)の騒ぎで、ほとんどがキャンセルとなってしまいました。季節は12月。業者は知恵をしぼり、がらがらの持ち柄を取り外して、お風呂の浮きもの玩具として売り出したところ、大人気を博したということです。江戸時代終わりの頃から、「陶器の浮き金魚」はよく知られた子どもの玩具で、それがヒントになったことと思われます。水に浮かべて遊ぶ玩具のはずが、振ると中に入れられた数個の小石がガラガラと音を立て、もとは「鳴りもの玩具」であったことを主張しています。
 さて、先日、筆者は、姫路市立美術館で、中国からインドシナ半島にかけて居住する少数民族の衣裳をテーマにした特別展『太陽と精霊の布』を見学したのですが、その中で、雲南省大理州魏山県のペー族の子ども達がかぶる帽子に、ブリキの金魚そっくりの造形を見つけて、あっと声をあげました。三つに分かれた金魚の尾びれは、子どもの首の後ろ側を保護し、前頭部には丸く愛らしい両眼、頭頂にかけては五色の糸で鱗が鮮やかに刺繍されていました。ブリキの金魚におけるユニークで印象的なデザインは、ひょっとすると、金魚の渡来先でもある中国の影響を受けたものかもしれないと、その誕生のエピソードを振り返って、あらためて追求したくなっています。


2007年5月



伏見土人形・熊と金太郎(京都府京都市/明治時代)

 五月人形といえば、金太郎が有名ですが、端午の節句飾りに金太郎が登場するのは江戸時代後半のことです。
 金太郎は、源頼光の四天王の一人、剛勇の武者として知られた坂田金時の幼名で、相模国(現在の神奈川県)の足柄山に山姥から生まれたとされています。怪力の持ち主で、真っ赤な身体に腹掛けをしてまさかりを担ぎ、熊、鹿、猿などを相手の相撲を好み、元気な子どもの象徴として親しまれてきました。
 金太郎は江戸時代、歌舞伎や人形浄瑠璃、謡曲などにもしばしば取り上げられ、気は優しいが、不正をただして悪を懲らしめる物語に、大人も子どもも拍手喝采、大変な人気者でした。
 その人気ぶりを今に伝えているのが、江戸時代後半から明治時代にかけて、庶民の節句人形として全国各地で作られるようになった土や張子製の郷土人形です。青森から鹿児島まで、全国の産地で金太郎が作られていますが、集めてみて面白いのは、その怪力ぶりの表現方法です。しっかりと根をはった松や竹をひきぬく、米俵や釣鐘を担ぎ上げる、熊を押さえつける、鯉にまたがって流れを上る…などなど、重いもの強いもの勢いのあるものとの組み合わせで、金太郎の力自慢を強調しているのです。
 写真の「熊と金太郎」は、京都・伏見稲荷大社への参拝土産として人気を博した土人形で、明治時代末期の作品です。金太郎の全身が真っ赤に塗られているのは、かつて日本人の間では広く、赤い色が疱瘡(ほうそう)除けになると信じられていたからです。
 昭和30年代後半姫路市生まれの筆者は、たくさんの友だちと縄跳び遊びをするとき、決まってこんな風に歌っていました。「♪三角四角、四角は豆腐、豆腐は白い、白いは兎、兎は跳ねる、跳ねるはお馬、お馬は赤い、赤いは金太郎さん、金太郎さんは強い、強いは大将!」と。昭和40年代中頃、金太郎さんといえば赤いもの、強いものという常識がわらべ歌の中に、まだ生きていたのでしょう。

2007年4月



ままごと道具セット(日本・昭和初期〜10年代)

 紙の小箱に様々な道具を詰めて紐で結び、ままごと道具が一式物として販売されるようになるのは明治末期の頃。写真は昭和初期から10年代にかけて、太平洋戦争が始まる前に作られたままごと道具セットです。花柄の赤いちゃぶ台に、提げ重、まな板と包丁、コンロ、しゃもじ、たまじゃくし、おろし金、茶碗、箸、小皿、土鍋などが本物の道具の素材もそのままに小さく作られています。箱の表には、おかっぱ頭の女の子がまな板の上で野菜を刻んでいる愛らしい絵が描かれ、当時の暮らしの様子を彷彿とさせます。こうしたままごと道具セットを買ってもらった女の子は、紐を解いて道具をばらばらにし、包丁で土筆を刻んだり、小さなお鍋にレンゲソウやタンポポの花を入れ、箸で食べるふりをしたりして、ままごと遊びを楽しみました。
 おもしろいことには、ちゃぶ台の大きさに対して、箸や包丁などが大きく作られています。実際に女児たちが手に持って動作を楽しみたい道具は、子どもの手の大きさに合わせたサイズで作られ、水屋や座布団など、背景となる小道具は、小さく作られていることが多いのです。これは、ヨーロッパのままごと道具が、すべての縮尺率を揃えてセットされているのと比べてみると、非常に興味深いことです。
 ままごと道具セットは、戦後になると、箸や土鍋、おろし金などの代わりに、ナイフやスプーン、フォーク、フライパンなどがセットされ、欧米文化を進んで取り込んでいくこの頃の時代の様相を映しています。またガスレンジから電子レンジやオーブン、トースター、食器乾燥機・・・と、昭和時代の電化製品発展の様子もままごと道具セットの中から伺うことが出来ます。

2007年3月



土雛の段飾り(兵庫県養父市関宮町/昭和初期)


 3月3日を過ぎると、人形店や百貨店の店頭から雛人形は姿を消し、雛祭りは終わった印象が強いのですが、当地をはじめ、全国の広範は地域では、旧暦の季節感を重視して、今もひと月遅い4月3日に雛祭りが営まれています。
 江戸時代中期、都市部で興隆しはじめた雛祭りは、やがて日本全国に伝播し、江戸時代の終わりには地方の町々や農村部などでも桃の節句を祝うようになっていきました。ところが、地方の庶民には、豪華な衣装の雛人形など簡単に入手することはできません。そこで登場したのが土製の雛人形です。粘土を型で抜き、素焼きをした後、彩色して仕上げるもので、身近な材料で量産でき、安価なことから、全国で作られるようになります。
 兵庫県内にも産地がいくつか生まれました。丹波は氷上町の稲畑土人形、但馬は関宮町の葛畑土人形、播磨では上月町の早瀬土人形です。江戸末期から製作され、明治時代の終わりから大正時代にかけて最盛期を迎えますが、稲畑土人形以外はすでに廃絶してしまいました。
 写真は、昭和40年代前半に関宮町の個人宅で撮影した葛畑土人形の飾り付けの情景を、今、6号館で開催中の『雛の世界』展で再現しているものです。黒い布の上に、地元で「つちびいな」と呼ばれる内裏雛を飾り、八重垣姫、舞い娘などの女物の人形と、神功皇后と武内宿禰、力士などの男物の人形が添えられています。
 ここでは雛祭りは女児だけでなく、男児のための祭りでもあったのです。しかし、年中行事が画一化され、同じ様式の雛人形が全国に流通し始める高度経済成長期を境に、このような個性的な雛祭りは行われなくなってしまいました。


2007年2月




押絵の御殿飾り雛(兵庫県姫路市/昭和初〜10年代)


 高さ60cmほどの御殿の中に、押絵で作られた内裏雛と三人官女、随身が飾られています。
 「押絵」は、人物や花鳥などの形を厚紙で作り、これに綿を含ませて布を張ると、全体をまとめて半立体的な形を作っていく手芸の伝統的な手法です。奈良時代に中国から渡来したといわれますが、庶民の間で流行するのは江戸時代のこと。文化文政(1804〜30)の頃には押絵の技法は発達し、羽子板にも盛んに使用されました。
 押絵が庶民に愛された江戸時代後期は、雛祭りの隆盛期でもあり、日本各地で押絵の雛人形製作が始まります。秋田県横手市、長野県松本市、福岡県久留米市などが有名で、それぞれに個性があります。
 兵庫県姫路市に伝わる押絵の特徴は、立体感に優れていることです。現在の姫路押絵と呼ばれるものの創始者は、姫路市立町に生まれた宮沢由雄(昭和19年に74歳で没)。京都で修行し、明治時代の中頃から自宅で作り始めました。技能に秀で、数々の優れた作品を製作し、のちには献上の栄にも浴します。
 ご紹介する押絵の雛人形は、宮沢の長女で押絵の技術者だった石田鶴子のお弟子さんの家族から、十数年前に寄贈いただいたものです。姫路押絵は、主として羽子板、衝立、色紙などを飾るものが中心なので、雛人形が作られていたとは驚きでした。
 押絵の雛人形は、一般的には掛け軸にさして飾ったり、台にさし飾ったりがほとんどですから、御殿の中にすえる飾り方は、関西ならではのもの。全国的にも珍しい資料です。
 この作品は、2月10日から始まる『雛の世界』でご紹介します。

2007年1月


貝のバイ<ベーゴマ>と博多独楽(日本/明治時代)


 独楽は男の子の正月の遊び道具として昔から親しまれてきましたが、独楽はわが国だけでなく、広く世界中で子供たちに遊ばれています。独楽は遠い昔に人々が、高い木の枝から落ちた木の実がクルクル回る動きにヒントを得て、世界の各地で人々が考え出したのではないかと推測されます。

 日本の独楽は平安時代以前に中国から朝鮮半島を経て伝わったとされていますが、大きな発展を遂げたのは泰平の世が続いた江戸時代です。独楽は、叩き独楽、紐巻き独楽、ひねり独楽など、さまざまな回し方があります。紐を胴に巻いて回す紐巻きゴマも、形に地域性があり、東北地方には雪の上で回しても埋らないずぐり独楽、九州地方にはらっきょう形の独楽、関西や関東などでは江戸時代に流行した博多独楽の流れを汲む平ゴマが一般的です。独楽の形は地域性だけでなく、時代の変化もあります。独楽は遊ばれたためか、江戸や明治期などの古いものは現存するものが大変少ないのです。幸い当館では古い時代の独楽を何点か所蔵しており、この度の企画展『独楽と羽子板』でもそれらを展示する他、地域的に系統立てた展示をしています。日本の独楽の多様さや面白さをを知っていただける良い機会です。


 2004年度  2005年度   2006年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年  新着情報に戻る









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174