2013年12月  

レースのオーナメント(ベルギー/2012年)


 

 ベルギーの伝統工芸として有名な、“ボビンレース”と呼ばれる技法で作られたクリスマスオーナメントです。ボビンレースとは16世紀にフランドル地方でのレース産業を支えたレース編みで、ボビン(糸巻き)を左右に交差させ、織り台にピンで留めて固定しながら編んでいきます。レースの模様も実に複雑で様々。多くの人々の心を掴んで離さないその精巧繊細なレース編みの技法は、今もなお本場ベルギーに息づいています。
 レースは高い職人技術と膨大な製作時間がかかることから、当時のヨーロッパでは貴族などの身分の高い人々のためのものであり富の象徴でした。大衆化された今では、ベルギーには市街で多くのレース専門店を見ることができますし、もっと身近に、現代風に多様化されたものも見受けられます。このようなオーナメントもその一つです。
 クリスマス時期のヨーロッパでは、都市の広場でクリスマスマーケットが開催されます。ベルギーでも一番大きなクリスマスマーケットは首都ブリュッセルで開かれ、そこではこういったボビンレースのオーナメントも見ることが出来るでしょう。
 このオーナメントは去年の冬にブリュッセルで収集したものです。幼子を抱くマリアや、サンタクロース、ツリーなど、クリスマス定番のモチーフを繊細に表現しています。6号館の「世界のクリスマス展」でご紹介しています。

 
2013年11月 

マロースおじさんとスニェグーロチカのマトリョーシカ
(ロシア/2000年代)


  

 ロシアのクリスマスでは「マロースおじさん」と呼ばれる人物がサンタクロースに代わって登場します。マロースおじさんのそばには「スニェグーロチカ(雪娘)」が付き添ってクリスマスシーズンに幼稚園や家々を回り、子供たちにクリスマスプレゼントを配ります。マロースおじさんもスニェグーロチカも、本来はロシアを代表する別々の物語の登場人物でしたが、ロシア革命後のソビエト時代にサンタクロースのように子供たちを楽しませてくれる存在が望まれ、この二人が選ばれました。
 現在のロシアでは12月25日から1月7日のロシア正教の降誕祭までをクリスマスとして祝います。12月の下旬から徐々に街には飾りつけがなされ、大晦日頃には明かりや飾りのついたもみの木が立ち並びます。ロシアのクリスマスは新年を祝う意味合いも大きく、大晦日には家族一同が新年を迎えるために集まって同じ時を過ごし、テーブルに並んだ豪華な料理を囲んで盛大に祝います。そして子供たちのためにもみの木の下にプレゼントが置かれたり、プレゼントが配られたりするのですが、これを配ってくれるのがマロースおじさんとスニェグーロチカなのです。
 クリスマス時期にはこの二人をモチーフにした入れ子人形(マトリョーシカ)が数多く作られます。マトリョーシカはもともと女性をかたどった人形ですが、近年は様々なモチーフで作られたマトリョーシカを目にすることが出来ます。細かい絵付けや鮮やかな色合いが、ロシアでのクリスマスの華やかさを物語っています。
 
2013年10月   

木の実のコマ
(左から、ブラジル・ブラジル・パプアニューギニア・インドネシア/1980~90年代)




 コマは有史以来、人間とともにあり、何千年の時を生き抜いて今日に伝わっています。古代エジプトやインダス川流域、古代ギリシャの遺跡などから様々な形のコマが出土しているのはご存知でしょうか。そして、今も世界中の国々で、骨、土、木、竹、木の実、種、貝殻など、身近にある素材からコマが作られ続けています。
 アジアやオセアニア、南米のような湿潤な地域でコマの原型をたどれば、どんぐりをはじめとする木の実のコマにいきつくといわれています。落ちた木の実が風に吹かれてクルクル回転する、そんな不思議な動きに霊感を得て、我々の祖先はコマを創造したのかもしれません。その創成期、コマにはどんな役割があったのでしょうか。
 パプアニューギニアやブラジル・アクレ州に伝承される木の実殻のコマは、中身が削りとられ、小さな孔が開けられているため、回転を与えると、ウーンと小さな唸りをたてます。かつて、人々はこの音を自然界のメッセージ、あるいは、精霊の心音と受けとめていたのだといいます。
 1997年、アンドリュー・マクラリー氏よって著わされた『Toys with Nine Lives』(アメリカ合衆国)には、興味深い習俗が報告されています。1900年代初頭、リベリアのゴラー族が作る木の実殻のコマには一つ、孔が開けられていて、初めは地面で回転させますが、その後、サケラフィアの木の繊維を使ったムチを使ってコマを空中に飛ばし、絶え間なくムチ打って、低いうなり音を立て続けるものでした。この音には、畑の作物を荒らすイノシシを追い払う力が宿ると考えられ、木の実殻のコマを回す技能のある男性は、あちこちの村で必要とされていたといいます。
 木の実のコマは、放置すればほとんどの場合、土に還って跡形もなくなるはかないものですが、原始のコマの形とその役割は、伝承遊びの中に保存され続けているともいえます。
 どんぐりの季節、10月14日(日)には日本玩具博物館で「どんぐりゴマ大会」を開きます。クヌギやアベマキのどんぐりに楊枝をさして、伝承のどんぐりゴマをまわしてみるのはいかがでしょうか?
 
2013年9月  

プラスチック製のままごと道具
(1950年代)


 

ままごと道具の材料は昭和の30年ごろまで、陶器や木製、それにブリキ製が主でした。ところが昭和25年ごろから、アメリカの玩具界で流行していた合成樹脂のプラスチック製品がわが国でも作られるようになると、夢の新素材として大歓迎され、それまでのセルロイドや金属製の玩具が次々にプラスチックで作られるようになります。
プラスチック製のままごと道具は現在、大量生産される安物の玩具とされていますが、作られ始めた頃は新素材を使った「燃えない、壊れない、美しい」高級玩具としてもてはやされました。写真のままごと道具は当時のもので、模様も1点1点手描きされ、高級品としての風格があります。今から60年も昔のプラスチック製のままごと道具が今に遺るものは少なく貴重ですが、当館は数点保存し、現在開催中の企画展『日本と世界のままごと道具』で展示しています。

 
2013年8月 
 
「泥人張」(中国・天津市)



 土を材料に作られる人形は、わが国では「土人形」と呼ばれて全国各地で作られています。中国でも今も各地で作られ、「泥人」と呼ばれていますが、その代表格が天津・北京・無錫の泥人です。これらは土を型抜きした後、窯で焼き、彩色して仕上げますが、題材は舞台や古典文学の三国志などに登場する人物や近年では民間の風俗人形が数多く作られています。
 河南省や山東省などの地方で作られる泥人は素朴で地方色豊かなものが多いのですが、天津・北京・無錫など都市部で作られる泥人は、わが国の博多人形と同様に洗練されたものが目立ちます。中でも有名なのが天津です。同地では「泥人」に「張」を付けて「泥人張」と呼ばれるのは、創始者の張明山(1826~1906)の名が入っているからです。
 写真の作品は人形の背面に「天津・大正12年(1923)12月」とある貴重な作品で、現在開催中の特別展「中国の民間玩具」で紹介しています。高さ14cm

 
2013年7月

不倒娃(プータオワー)(中国・遼寧省営口市/1930年代)



 昭和初期から10年代にかけて(1930年代)、大陸に向けられた時代の関心の中で、戦前の日本の郷土玩具収集家の幾人かは、中国東北部(当時の満洲)で作られていた土人形や張子などのユニークな世界に興味を示しました。甲斐巳八郎、須知善一、赤羽末吉、古川賢一郎らは「満洲郷土色研究会」を組織して、現在の黒龍江省、吉林省、遼寧省、山東省などに古くから伝承される玩具の作者を訪ね、作り方などを調査し、未知の大陸において、数多くの民間玩具を収集しています。それらは、本土にももたらされて、当時の収集家たちの趣味心をくすぐりました。
 戦前のコレクターが熱心に収集した中国民間玩具の中には、「不倒娃」と呼ばれる起き上がり小法師が数多く含まれます。日本の起き上がり小法師・だるまに相当する言葉は「不倒翁」ですが、「不倒娃」となると、かわいい童子姿の起き上がり小法師を指すのです。「娃」とは、女偏が付いていますが、主に男児を表す言葉。これらは、山東省、遼寧省、吉林省、黒龍江省の農村部の人々によって新春の“廟会(祭礼)"の前に製作され、多くの人々が集うその廟会で売られたものです。
 中国の農村部には、「拴娃娃」(赤ん坊の人形をくすねる)の風俗がありました。子どもを授かりたいと願う女性は、廟に詣でて焼香をした後、神様の前で赤ん坊の人形を一つくすねて、子どもの誕生を祈願しました。日本のだるまと同じく、倒そうとしてもまた起き上がる「不倒娃」の姿は、健康な赤ん坊を象徴するものとも考えられました。赤ん坊を授かった女性は、新たな「不倒娃」を一体、購入して神様へお返しするので子授けに霊験あらたか寺院、道観(道教の寺院)、神祠などには、たくさんの「不倒娃」が収められていたと言われます。
 蓮に抱かれた姿の娃娃、子宝の象徴とされる桃やザクロを抱く娃娃の姿も見られます。戦前のコレクターは、広い大陸、あちらこちらの廟会を探しまわって、数々の「不倒娃」を収集し、同好の仲間たちにも頒けていたようです。
 1930年代の「不倒娃」は、中国本国にもほとんど残されておらず、とても貴重です。現在、開催中の特別展「中国の民間玩具」の中でご紹介しています。

2013年6月

陶器のままごと道具(フランス・ルーマニア・ペルー・スリランカ)



 1号館で「日本と世界のままごと道具」展が始まりました。世界各地、そして各時代、数々の食器や食卓、また調理場を模した小さな造形が作られ、それは子どもたちのままごと遊びの道具であったり、古い時代には宗教的な儀礼に使用されたものもありました。
 実際、日本では、弥生時代の終わりから古墳時代、特に5世紀前後頃の遺跡からは土器のミニチュアが数多く出土します。これらは生産に関わる祭祀(さいし=神や祖先をまつること)の道具と考えられており、古墳時代のミニチュア土器が直接、ままごと道具につながったとは考えにくいことでしょうか。
 そのように古い時代の土器の風情が感じられる世界各地のままごと道具を集めてみました。左上は、フランス・プロヴァンス地方の調理具や食器を真似たままごと道具。右上は、ルーマニア・トランシルバニア地方の壺を真似たままごと道具。左下はペルー・インカの町の食器や貯蔵器を映したままごと道具。そして右下は、スリランカの子どもたちのためのままごと道具です。いかがでしょう。それぞれの土地の食器に忠実に作られながら、国境を越えて、共通する造形性を感じていただけるのではないでしょうか。また、これらは時を越えて、紀元前後の世界各地の遺跡から出土するミニチュア食器(一般に祭祀具と考えられています)にも通じるセンスがあふれています。ヨーロッパにおける玩具の歴史書などを紐解いてみると、玩具の始まりの章に、古代遺跡から出土した土製の壺や碗のミニチュアが記され、ままごと道具とのつながりが注目されています。

2013年5月



端午の座敷幟(大正~昭和初期)


 江戸時代の初期の端午の節句飾りは家の前に柵を立て、幟や吹流し、槍や長刀、飾り兜などを飾る外飾りが中心でした。男児のある家では、武家だけでなく裕福な商家でもそれを真似て飾りました。しかし江戸中期から、外飾りを枠に立てて店先や縁側で飾るようになり、次第に小型化して屋内で飾る座敷幟が流行します。
 座敷幟は幟を両端に立て、毛槍、袋槍、纏などを立てて飾る5本立て、小型の鯉幟や吹流しも取り入れた7本立てや9本立てなどの豪華なものも作られました。そして、座敷幟の前には武者人形や飾り具足、弓矢などが飾られました。
 また、座敷幟にも関東風と京阪風があり、関東のものは幟に鍾馗が描かれたり、幟の台枠に龍や獅子の彫り物がされているものがありました。写真の座敷飾りは大正~昭和初期に京都で作られた高級品で、高さ110cmもある大きなものです。精緻な金具が目立ち、左右の幟の下には魔除けのくくり猿が吊るされています。
 この資料は、現在、6号館の特別展「端午の節句~幕末から昭和~」で展示中です。

2013年4月

イースターのウサギ(ドイツ・エルツゲビルゲ地方/1970年代)




 ドイツをはじめとするゲルマン系の国々では、復活祭“イースター”には、ウサギが卵を運んでくる(あるいは産む)とされてきました(フランスやイタリアなど、ラテン系の国々では、教会の鐘が運んでくると考えられています)。
 ウサギは多産であることから、古来、豊穣のシンボルであり、跳ねまわるウサギは生命の躍動を表現する動物です。ドイツなどには、ウサギの自己犠牲や献身を示す伝説などがあり、またその目が月(欠けて見えなくなってもまた満ちていく月をキリストの復活にみたてる)を連想させるとして、イースターと関連づけて考えられてきたようです。
 写真は、ドイツきっての木製玩具産地、エルツゲビルゲ地方で作られたイースターのウサギ(Osterhase)です。高さ7cmほどの小さなウサギたち――お父さんウサギ、お母さんウサギ、お兄さんウサギ、お姉さんウサギ、子ウサギ――が家族揃ってイースターエッグ(Osterei)にペインティングを施している様子です。イースターのウサギは、そうして彩色した卵をそっと人々の家の庭へと隠すと、ドイツの子どもたちは信じているのです。
 イースターウサギ玩具の愛らしさからは、生命の源を抱えて春先の大地を跳ねまわるウサギたちへの、人々の暖かなまなざしが感じられます。


2013年3月

イースターエッグVelikonoční vajíčko(チェコ/1930年代)




 イースター(=復活祭)は、イエス・キリストが十字架上で亡くなって3日目によみがえったことを祝う宗教的に重要な行事。同時にすべての生命が生き返るスタートラインとして、西洋では春の代名詞ともなっています。春分の日を過ぎ、最初に満月を迎えた後にやってくる日曜日が復活祭当日にあたります。本年は、西方教会では3月31日(東方教会では5月5日)が「イースタ・サンデー」です。
 写真は、1920~30年代、チェコの農村部で作られたイースターエッグです。チェコ語でイースターは「Velikonoce(ヴェリコノツェ)」。イースターエッグは「Velikonoční vajíčko」と呼ばれます。卵の上部に専用の錐で穴をあけ、注射針のような道具を使って中身を出した卵殻を“ろうけつ染め”の手法で彩色した美しい作品。明るい色調で花や木の葉、十字、波状線など伝統的な絵柄が染め抜かれています。愛と信仰、豊かさ、永遠の生命などへの思いが込められた模様の数々……。100年近くに作られたとは思えないほど色鮮やかで、華やかさの中に祈りが感じられる美しい造形です。
 チェコの農村部では、イースターの日、柳の枝のムチ「Pomláska」を持って、青年は乙女を、乙女は青年を打ち、打たれた乙女は打った青年に自分が彩色した卵を贈るという風習が伝わっています。男女が互いの生命力を喚起して、豊かな実りと生命の誕生を願ったものではないでしょうか。

2013年2月

雛道具“化粧道具のいろいろ”(明治時代末期)

 
 
 江戸時代には、女性の口元を見れば未婚か既婚かがすぐに分かりました。一般に、結婚を決めた女性は「貞女二夫にまみえず」のしるしとして“お歯黒”をほどこしていたからです。黒という色が「心変わりせぬ」ことを象徴したためとも言われています。また眉についても、公家や武家などの上流階級の女性は、ある程度の年齢になると眉を剃って額の上部に別の眉を描き、一般庶民の女性においては子どもができると眉を剃っていましたので、眉化粧を見れば女性の年齢層がよくわかったのです。

 雛まつりが盛んになると雛道具の数や種類が増え、一般家庭でも、大名家や上流階級の婚礼調度を模した雛道具が飾られるようになりました。そのため、雛飾りの中には、大名家の姫君の輿入れに用意された化粧道具の姿を見ることができます。すきぐし、あらぐし、油壷、眉化粧の道具などが並ぶ鏡台、耳盥(みみだらい)、お歯黒の粉を溶く碗、口をすすぐ椀、手ぬぐい掛け……どれもこれも小さく作られて、雛飾りの中に女性らしい優しさと愛らしさを添えています。

2013年1月



皿ずぐり・かぶずぐり
(青森県黒石市・大鰐町/昭和中期/直径8cm)


 日本は世界的なコマの宝庫といえる国です。北から南まで風土の中から生まれた多彩なコマがあります。
 中でも雪国の青森県津軽地方には雪の上で回して遊ぶ、すり鉢型をした「ずぐり」と呼ばれるコマがあります。弘前や温湯温泉や大鰐温泉などで、木地師たちが雪国の子どもたちの玩具として作り始めたと伝わります。コマの内側には段々に赤、黄、緑、紫などのろくろ模様が美しく描かれています。
 黒石市では、毎年2月に「ずぐり回し大会」があります。今年も2月9日(土)に開催され、踏み固めた雪の上で、藁縄の紐を使って回し、回転時間を競います。
 詳細は、黒石商工会議所(TEL 0172-52-4316)か黒石観光協会(TEL 0172-52-3488)にお問い合わせください。
 これらのコマは、現在開催中の1号館「日本のコマ・世界のコマ」展でご紹介しています。

2014年度  2015年度  2016年度  新着情報に戻る

2004年度  2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  2012年度









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174