2015年12月 
 
ツリー飾り・クルミの中の赤ん坊(ハンガリー/1990年代)

 


 中部ヨーロッパではクルミの木は古くから神聖な木とされ、キリスト教の世界でも三位一体の象徴であり(実・殻・種から成ることから)、絵画においてはイエスを表すシンボルでもありました。
 また栄養価が非常に高いことから豊穣の象徴でもあり、クルミの実は冬の寒い時期の貴重な栄養源として重宝されてきました。秋に実ったクルミはその殻も秋の実りの力が宿るものとして、クリスマスの飾りなどにも使われます。
 今回ご紹介するオーナメントはハンガリーのものです。ヨーロッパにおいて身近な素材のクルミを使ったクリスマス飾りは、欧州各家庭でもよく作られています。クルミの殻をベッドに見立て、中には幼子が寝かされており、これは飼葉桶の中のイエスを表現しています。
 使われているクルミはカシグルミでしょうか。半分に割った殻の中に華やかなレースをあしらい、幼子のおくるみも赤や青や金色とクリスマスの意味合いを持たせた色が見られ、きらびやかで愛らしい印象を受けるオーナメントです。

 こちらのオーナメントは現在6号館で開催中の特別展「世界のクリスマス」にて展示中です。また12月19日(土)にはこちらのオーナメントを参考にしたクリスマス飾り「クルミの中の幼子」のワークショップを開催予定です。(申込制・定員20名)
 
2015年11月  

プラムとクルミの人形・ツヴェッチゲメンライン
      (ドイツ・ニュールンベルグ/2004年)


 

 ツヴェッチゲメンラインは、ドイツ伝統のクリスマス・マーケットで売られる木の実人形。頭にはクルミ、胴体と手足には干したプラムが使われます。煙突掃除人、民族衣装の少年少女、牧師、先生、農村の夫婦、医者……。様々な人々がツヴェッチゲメンラインのモデルです。クリスマスにこれらを飾ると、夫婦円満になるとも伝えられています。
 クルミやプラムなど、栄養価の高い木の実は、古来、生命力が減退する冬季には欠かせない食べもの。また、豊かな収穫を象徴するものと考えられてきたことから、ツヴェッチゲメンラインがクリスマス飾りとして愛されているのでしょう。
 写真は、12月5日の夜に子ども達に贈り物を届けにやってくる聖ニコラウスを表わしたツヴェッチゲメンラインです。ドイツの南部において、聖ニコラウスは、よい子にプレゼントを渡す天使と、悪い子にお仕置きをする鬼を連れて家々を訪問します。そんな古い風習を伝える愛らしい人形たち――2004年、ニュールンベルグのクリスマス・マーケットを訪問された日本玩具博物館の友人から贈られたものです。 
 これらは、他の地域のツヴェッチゲメンラインと合わせて、現在、6号館で開催中の「世界のクリスマス展」で展示しています。
 

2015年10月   



ひょうたん細工のキリン/ブルキナファソ
 

 こちらは西アフリカに位置するブルキナファソで作られた、ひょうたん細工のキリンです。アフリカではひょうたんは非常に身近な素材で、日常生活の様々なものに使われています。ブルキナファソにおいても、日常で使う容器はもちろん、ひょうたんの外面を彫ったり色をつけたりして装飾がほどこされたランプや、儀式祭礼に使われる入れ物、太鼓やバラフォンと呼ばれる木琴やガラガラなどの楽器、そして今回ご紹介する玩具などにも使われています。
 ひょうたんの丸い形を胴に見立てた、印象的でユニークな形のキリンの玩具は、中の空洞を利用してキリンの長い首がゆらゆらと揺れるようになっています。目や体の模様は焼きごてで描かれています。近年、ブルキナファソのお土産物屋では、キリンのほかにもゾウやガゼル、カバ、カメなどをモチーフにしたひょうたん細工の動物が多く見られるようになりました。
 現在1号館で開催中の『世界の動物造形』展でご紹介しています。
 
2015年9月  
 
ブリキのロボットR-35



 

 昭和30年代。玩具は当時の好景気を反映して、高級化が進むとともに様々な電動玩具が生み出されます。ラジコン・バスなどと並んでその時代を象徴するのが、玩具メーカー「マスダヤ」が作ったブリキ製ロボットR-35です。電池の入ったリモコンボックスのスイッチを入れると目を点滅させ、腕を振り動かし、体を左右に揺らしながら前進します。発売当時は欧米にも多数輸出され、その優れたデザインと動きの面白さから大変な人気を呼び、当時のロボット玩具を象徴する作品としても有名です。
 現在、6号館で開催中の特別展「おもちゃの20世紀」で展示中です。高さ約18センチ。

 
2015年8月 

占領下の日本の玩具


左:ダンシング・カップル(ゼンマイ仕掛)
昭和20年代前半/セルロイド製
右:ホース・ライディング(ゼンマイ仕掛)
昭和20年代前半/ブリキ・セルロイド製
 

 昭和初期の日本製玩具は、安価でしかも動きのおもしろい点が認められて輸出の花形になっていました。戦後の昭和22年8月から、その価値を認識していた進駐軍当局により、玩具の輸出が許可されましたが、それらには「メード・イン・オキュパイド・ジャパンMADE IN OCCUPIED JAPAN」の文字が昭和27年まで総司令部の命令で入れられ、主にアメリカに輸出されました。
 この度の「おもちゃの20世紀」展には13点が展示されていますが、小物のブリキやセルロイド製品が多く、ゼンマイ仕掛けで面白い動きをします。紙箱入りもあり、箱には「MADE IN OCCUPIED JAPAN」 と記されています。アメリカから里帰りした玩具たちです。
 
2015年7月 

サンブル族の動物玩具
(ケニア・サンブル地方/1980年代)


 

 ケニア北部に位置するサンブル地方は、グレービーゼブラやアミメキリン、オリックス、アフリカゾウなどが悠然と行きかう国立保護区として非常に有名です。サンブル地方に暮らすサンブル族は、ウシ、ヤギ、ヒツジなどの牧畜を糧とする人々で、彼らは粘土をつくねて乾燥させ、赤茶色の天然土で彩色した動物玩具を作ります。
 題材となるのは、ゾウやクロサイ、バッファロー、ヌー、ウシ、ヒツジなどの身近に暮らす動物たち。模様付けには動物の牙や骨から加工するビーズが使われ、大らかさの中に繊細な味わいが感じられます。子ども達は、こうした玩具を集めて動物の暮らしを再現したり、放牧や狩りのまねごとをしたりして遊ぶといいます。
 サンブル族の動物玩具は、現在1号館で開催中の『世界の動物造形』展でご紹介しています。
 
2015年6月 

平和鳥


 

 鳥をモデルにしたガラス製の動くおもちゃです。1960年代から70年代にかけて流行したもので、商店街のウインドーなどに飾られているのをよく見かけました。ガラス製の鳥の卵型の胴の底に赤や青の液体が入り、前に置かれたコップの水を頭を下げて飲む動作を繰り返して行います。
 この不思議な玩具は1952年に広島で考え出されたことから、「平和鳥」と名付けられました。力学原理を応用した科学的玩具といえるもので、鳥の尻にあたる胴体で吸収された熱量が、水で冷やされた頭の方へ流れ、そのエネルギーの一部が鳥を動かす力に変わるのです。懐かしく思われる方も多いでしょう。2号館の水関係の玩具コーナーで展示しています。

 
2015年5月

バードコール(ドイツ・エルツゲビルゲ地方/2000年代)


 

 チェコとの国境付近に位置するエルツゲビルゲ地方は、木製玩具製造が主力産業となっています。ここではブナや菩提樹から作られた動物や人形、煙出し人形やくるみ割り人形など、多数の木のおもちゃが見られます。玩具の多くは今でも家内工業のような家単位の小さな工房で作られ、ドレクセル社などの販売会社を通じて、ヨーロッパだけではなく世界各地へ売り出されています。
 写真のバードコールも、エルツゲビルゲ地方の中心地・ザイフェンの工房で作られたものです。バードコールとは文字通り「鳥を呼ぶ」笛で、木と金属の摩擦によって鳥のさえずりのような音を出す玩具です。鳥小屋・もみの木の下部分のつまみを回すと、てっぺんにいる鳥も連動して回り、手の加減で様々な鳥の音を出すことが出来ます。
 「バードコール」は現在1号館で開催中の「世界の鳥の造形」で展示中です。

 
2015年4月 

ダルマティア地方の鳥笛(クロアチア/1970年代)

『Folk Toys』(EMANUEL HERCIK著/ARTIA刊)
に掲載されたダルメシアン海岸地方の鳥笛
 

 明るい日差しの中に鳥たちの歌声が賑やかに響くこの季節、1号館では『世界の鳥の造形』展を開催中です。「世界の鳥笛」のコーナーから、旧ユーゴスラビア時代に収集した木彫りの鳥笛をご紹介します。
 全長11~12㎝ほど鳥笛を手のひらに抱いて、背中の指穴を指でしっかり塞いだり、半分開けたり、三分の一ほど開けたり、また全開したりしながら、尾羽から息を吹き込むと、小鳥がさえずるような音色を響かせます。春の森でこの鳥笛を吹くと、縄張りを侵されたかと小鳥たちは勘違いし、我負けじ!とさえずりを始めます。柔らかい木を削って作られたもので、サフラン色に全体を塗り、緑と朱色のペンで模様をつけた素朴で味わい深い玩具です。作られた場所は、“ダルメシアン”という犬の品種で有名なダルマティア地方。現在、かつてのユーゴスラビアは存在せず、ダルマティア地方は、クロアチアという国の南部にあたります。1951年にチェコのプラハで出版された『Folk Toys』(EMANUEL HERCIK著/ARTIA刊)にも、ダルメシアン海岸付近で作られる郷土玩具として、この木の笛の絵が掲載されていて、造形的には様々なバリエーションがあったことがわかります。

 
 2015年3月
 


玉翁の古今雛


豪華な衣装雛は当初は京都で作られ、江戸でも飾られました。安永の頃
(177281)、江戸では目にガラス玉や水晶玉をはめ込み、女雛の袖に金や色糸を刺繍した京風を脱した華麗な雛「古今雛」が原舟月により作られます。人気がでて、京都でも作られますが、当初、京製の古今雛は描き目でした。幕末にガラス目を入れる手法を京都に伝えた江戸の職人のひとりが玉翁(渡辺山城正)です。写真は、玉翁作の頭を使った京風の古今雛です。当館の所蔵品で、現在開催中の「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」で初公開中です。
 
2015年2月 


紙雛と雛箱(那覇) 

沖縄の那覇に伝わる紙雛はウメントウ呼ばれます。白い紙を折りたたみ、琉球まげ風に作った人形の頭に白い紙の着物を着せたものです。頭には目鼻は描かれず、着物に手描き模様が描かれた素朴な紙雛です。その紙雛を入れる木箱が梅箱でウ-メ-バ-クと呼ばれました。
かつて沖縄には雛人形を飾る風習はなかったようで、この紙雛と雛箱も5月に開催された玩具市(ユッカヌヒー)で売られ、手遊びのための人形であったようです。
写真の紙雛と雛箱は昭和初期の貴重なもので当館所蔵の尾崎清次コレクションから。現在開催中の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」で展示しています。

 
2015年1月

江戸独楽の飛びコマ




 江戸独楽は江戸時代の東京で遊ばれたコマ。独特の仕掛けのある機知に富んだものが多い。飛びコマは円筒形で、上部に糸を巻いて回転させ、コマを持ち上げると底から円盤のようなコマが次々と5個も飛び出すユニークなもの。江戸時代安政6年(1859)に来日した、イギリスの初代駐日公使のオールコックは、3年間の滞在中の見聞記に日本人はコマが大好きだと記し、いくつか紹介したなかにこの飛びコマもあります。さらに文政6年(1823)に来日したシーボルトもこのコマを持ち帰り、オランダのライデン市にあるシーボルト博物館に保存されています。江戸独楽は今も後継者により、様々なものが作られ、この飛びコマもあります。現在開催中の企画展「正月のおもちゃ」で展示していますが、2号館の体験コーナでは飛びコマで遊ぶことができます。 



新着情報に戻る

2014年度  2016年度

2004年度  2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  2012年度  2013年度









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174