2017年4月 
 
和製ビスクドール(日本/昭和初期)



 頭部は磁器製で、胴体は桐塑(桐の木粉と生麸糊を混ぜ合わせて作られる粘土)の胡粉仕上げとなっており、まるで市松人形とビスクドールの中間のような作りの人形です。西洋のビスクドールの影響を受け、第一次世界大戦(1914~18)後にこのような人形が日本でも作られ、またアメリカへ輸出もされていました。一般には「さくらビスク」や、「ママー人形」(寝かせたときに鳴る音が「ママー」と聞こえるため)の名称で親しまれていました。
 胴体部分には金属製の鳴子や木製のふいご式の鳴子が入っているものが多く、この仕掛けによって横に寝かせると音が鳴ります。また1920年代(大正末期)になると、西洋の赤ん坊人形を真似て、寝かせると目をつぶるものが作られました。
 大きなつばの帽子を被り、サテンや縮緬の洋装、そして特徴的な真っ白な肌にほお紅をさした和製ビスクには、当時の少女が人形へ抱いた可愛らしさへの憧れや、西洋文化への憧れが込められているようです。
 現在1号館で開催中の春の企画展「なつかしの人形 ~昭和時代の人形遊び~」にて展示中です。

 
 2017年3月 

犬筥(いぬばこ)(平成初期)

 

 犬の形に作った張り子細工の筥(=箱)で、雌雄一対がセットとなっています。犬張り子、お伽犬(おとぎいぬ)とも言われ、これは古くから子どもの健やかな成長を願うお守りでした。
 犬は多産かつ産が軽いことから室町時代には上流階級の間でこの犬筥を産室へ飾る風習があり、子どもが無事に生まれると、今度はそれを子どもの枕元に置きました。筥の中には守り札や白粉(おしろい)、畳紙(たとうがみ)、眉掃きなどを納めます。
 江戸時代に入ると、宮参りや嫁入り道具の一つとしても持参され、やがて雛段にも飾られるようになります。
 この箱型の犬筥は京都で生まれたもので、一般的に犬張り子と聞いてよくイメージする「でんでん太鼓」を背負った四つ足で立つ犬の江戸張り子は、江戸時代中期に犬筥から転化して生まれたと言われています。
 写真の犬筥は、江戸時代の犬筥に基づいて復元されたもので、平成初期に工芸作家の藤井郁江氏によって製作されました。現在6号館の春の特別展「雛まつり~雛と雛道具~」にて展示中です。
 
2017年2月 
 
金助まり(鹿児島県/1990年代)



 直径30㎝にもなるこの大きなまりは、鹿児島地方で幕末に桃の節句を祝う飾りとして、雛人形の段飾りの隣に天井から吊り下げて飾られていました。遊ぶためのものではなく飾り用で、この地方独特の薩摩雛、押し絵とともに雛祭りの飾りとして欠かせないものであったようです。大きいもので60~70㎝にもなり、全国郷土玩具の糸布鞠の中で最も大きいサイズです。
 山吹の芯や鉋屑を丸めた上に糸を巻いて下地を作り、ちりめんなどの布を巻いて、その上に色とりどりの糸で刺繍が施されます。刺繍のモチーフには宝船、唐獅子と牡丹、松竹梅、鳳凰など、縁起のいい豪華な意匠が用いられます。当時は鹿児島城下の下級武士階級の女性の手内職として作られ、売り歩かれました。
 赤いちりめんの上に鳳凰や宝船、桜の花の刺繍が美しいこちらの金助まりは、当館3号館の常設コーナーでご覧いただけます。
 
2017年1月

琉球張子・鶏(沖縄/左:1930年代・右:昭和後期)
 

2017年度の干支の動物(=鶏)の玩具の中から、沖縄の琉球張子をご紹介します。
沖縄では昭和初期頃まで、旧暦5月4日から5日間「ユッカヌヒー」という玩具市が年に一度開催されていました。当時沖縄に玩具店等は存在せず、子供たちが遊ぶ玩具は身近な素材を使って作られたものでしたが、この時だけは別でした。子供たちは年に一度の賑やかな玩具市に胸を躍らせ、またその親も我が子の健やかな成長を祈って玩具を買い与えました。
玩具市で売られていた玩具は今では姿を消したものも少なくありませんが、琉球張子も戦争によって廃絶。戦後に故・古倉保文氏の手によって復活を果たしました。古倉氏の没後、数名の作者に引き継がれました。
写真左の張子は戦前のもので、大正末期の玩具収集家、尾崎清次氏から寄贈を受けました。現存している戦前の琉球張子はほとんど残っておらず、今では貴重なものとなっています。全体的に落ち着いた印象を持ちつつも、細部の彩色には黄や紫、紅色などの琉球らしい色使いが目立ちます。
写真右の張子は古倉保文氏が手掛けた、昭和後期のものです。この独特な形は伝統的なもので、首部分がゆらゆらと揺れ動く仕掛けになっています。
こちらの張子は、現在開催中の冬の企画展「鶏のおもちゃ」で展示中です。

新着情報に戻る

2014年度  2015年度  2016年度

2004年度  2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  2012年度  2013年度









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174