2019年7月  

 「ママ・レンジと平成のクッキング・トーイ」
(ママ・レンジ(昭和44年)/まるちゃんごはんですよ!(平成初期)/親子のたいやきくん(平成20年代))

初代ママ・レンジ 型にごはんをつめてレバーをひくと
小さなおにぎりができます。
電子レンジで完成させるたい焼き
 

 夏の特別展「日本と世界のままごと道具」(10月14日まで)では、桃の節句の勝手道具をはじめ、明治期から平成までの日本のままごと道具の移り変わりをご紹介しています。
 まねごとが基本だったままごとの世界に昭和44年、本物のホットケーキが作れる「ママ・レンジ」が登場し、玩具の常識を変える商品としても注目を集めます。ママ・レンジは家庭用電源を使った電熱器式で、ステンレス製の付属のフライパンを用いて直径10cmのホッとケーキを焼くことができます。最高温度は本物のコンロよりも低く設定され、じっくり焼き上げるようになっていますが、フライパンを外すと自動で電源が切れたり、発熱部には直接触れない構造になっていたりと、子どもだけで使うことへの安全性にも配慮されています。昭和30年代以降普及し始めたシステムキッチンのガスコンロを玩具で再現したこともあり、おしゃれな見た目も含めてたちまち子どもたちの憧れの玩具になりました。ママ・レンジに続いて、「ママ・クッキー」「ママ・ケーキ」、ポップコーンが作れる「ママ・ポッピー」など、ママ・シリーズの人気は、実際に調理ができるクッキング・トーイとして定着します。
 平成に入ると、パンやアイスクリーム、たい焼きなど、より本格的なクッキング・トーイが登場します。型抜きや計量カップなどの調理器具が増えるとともに、実際の電子レンジやオーブンを使うことで、調理の完成部分から調理の工程を楽しむことに重点が置かれています。また、材料を混ぜたり生地をこねたり、子どもの力だけでは難しい工程や、料理研究家が監修したレシピ本もついてくるなど、家族で一緒に楽しめるような工夫がされているのも平成のクッキング・トーイの特徴です。
 平成のクッキング・トーイは6号館の特別展とともに1号館で開催中の「平成のおもちゃ文化史」でもご紹介しています。

 
2019年6月 

「マイスタング(夏至祭の柱)」
(スウェーデン/麦わら(ライ麦)/2010年代後半)


緑の中、黄金色の麦穂、スウェーデン国旗の青と黄のリボンが爽やかです。 

 冬が長い北欧の人々にとって、夏は待ち遠しい季節です。スウェーデンでは、毎年6月19日から26日の間の夏至に最も近い土曜日とその前日の2日間、夏の訪れの喜びと豊作の祈りをこめて盛大な夏至祭が開催されます。この夏至祭のシンボルとして「マイスタング」が作られます。マイスタングは日本語で「五月の柱」です。ドイツやイギリスで行われる豊穣を祝う五月祭の「メイポール」が伝わったものと考えられます。5月はまだ肌寒いスウェーデン、太陽の光があふれる6月の夏至祭へと移行していったのでしょうか。   
 夏至祭当日には、町の広場には、大きいもので20mを超えるマイスタングが登場し、白樺の大木にモミの葉、ルピナス、マーガレットなど季節の花が飾りつけられます。マイストングが垂直に立てられると、スウェーデンの民族楽器、ニッケルハルパの演奏が始まり、民族衣装を着て、夜遅くまでみんなでフォークダンスを踊ったり、結婚式が開催されることもあるそうです。
 家庭では1~2mほどの自家製マイスタングを立てる家もあるそうですが、当館には、50cmほどの小さなマイスタングを展示しています。実りの象徴でもあるライ麦で作られた十字の左右には、麦わら細工のリースがかけられ、トップにはたわわな麦穂が伸びています。マイスタングの下には、二人の麦わら人形が添えられています。結婚式をあげるカップルでしょうか。夏を告げる爽やかなスウェーデンのマイスタングは、4号館2階の世界の民族玩具のコーナーでご紹介しています。

 
 2019年5月

「紙鯉と端午の掛け軸飾り」
(明治中期~明治後期/明治末~大正)

掛け軸から抜け出してきたような迫力のある紙鯉
 

 2002年に当館が寄贈を受けた紙鯉は、全長3m20cmと大きなものです。明治中期から後期に作られたもので、和紙に力強く描かれた鯉は全て手書きです。眼の中でも黒い瞳の部分のみ、きらりと光っているのは、おそらく膠(にかわ)の効果だと思われます。
 鯉のぼりが端午の節句飾りに登場したのは江戸時代後期で、当初は小さいものだったようです。『日本人形史』(昭和17年)で紹介されている、延享年間(1744~1748)に詠まれた五月幟の句に添えられた絵には、塀を超える大きな武者幟の先に付けられた小さな鯉が見られます。また、天保10(1841)年頃の歌川国芳の「雅遊五節句之内 端午」の浮世絵には、菖蒲打ちに興じる子どもの中に、小さな鯉のぼり持ち、勝負を盛り上げる子の姿が描かれています。子どもの手に持てるほどの鯉がどんどんと大きくなり、安政年間(1855~1860)、歌川広重が描いた「水道橋駿河台」の一匹(旒)の真鯉は神田上水をまたぐほどの大きさです。鯉のモチーフが好まれ、大きくなった背景のひとつは、当時人気だった「黄河の上流、龍門の急流を越えた鯉が龍になり空に昇る」という龍門伝説にあやかってのこと。大空になびく鯉のぼりに立身出世の願いを託したのでしょう。
 明治20年代以降、緋鯉や吹き流しも登場し、二匹三匹を一緒に揚げたりと自由な様式での鯉のぼりが楽しまれ始めますが、大正時代までは大きな真鯉一匹という様式も人気だったようです。当館所蔵の大正時代の端午の節句の掛け軸には、下段に端午の座敷飾り、中央に太閤秀吉と従者の加藤清正、上段には富士山を背景に尾を跳ね上げた黒い真鯉がたなびく様子が描かれています。
 明治期の紙鯉、鯉のぼりが描かれた大正時代の掛け軸は6号館で開催中の「端午の節句飾り」でご紹介しています。
 
2019年4月

掛け軸雛『明治節お飾掛圖』
(大正期)

 

 雛人形を描いた掛け軸は、春の座敷に季節感を添えるものとして江戸時代より用いられてきましたが、立体的な人形飾りに比べ、場所をとらず、収納も簡単であることもあって、明治後期になると、地方の町々や農村部などでも盛んに飾られるようになりました。掛け軸雛は、創造性豊かに自由な発想で描かれているものが多く、立体的な人形とはまた違った楽しさがあります。
 現在6号館で開催中の春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」では、明治天皇と昭憲皇太后を内裏雛に見立てた珍しい掛け軸雛をご紹介しています。
 掛け軸上部には明治天皇御製「いにしへの ふみ見るたびに思ふかな おのがおさむる 國はいかにと」、昭憲皇太后御歌「みがかずば 玉の光はいでざらむ ひとのこころも かくこそあるらし」が書かれ、黄櫨染(こうろぜん)の束帯姿の明治天皇と十二単に大垂髪(おすべらがし)の昭憲太后の立雛姿が描かれています。そして二段目に、三人官女が並び、三段目には、左から大久保利通、木戸孝允、西郷隆盛、乃木希典、三段目には、左から大隈重信、森有礼、伊藤博文、井上馨、菊池大麓、袴姿の福沢諭吉と思われる明治期に活躍した人物が似顔絵で描かれています。四段目以降には、明治期に流行したブリキの乗り物玩具や西洋風の一軒家、木馬の玩具とともに世界の先住民の人形が並びます。西洋文化を受け入れ、近代化を目指した「明治」という時代が、玩具と人形で象徴的に表現されています。玩具が時代を反映する資料としてもなりえる奥深さを、改めて垣間見る思いがします。

2019年3月 
三次人形の雛飾り
(広島県三次市)



 

 広島県三次(みよし)市周辺には三月三日の節句がくると、男児と女児、両方の健やかな成長を願って土人形を贈答する風習が伝えられています。
 ひと月遅れの桃の節句(4月3日)が近づくと、男児には天神や武者、金太郎などの人形を、女児には花魁(おいらん)や舞い娘などの人形を買い求め、それぞれの初節句を祝いました。三次地方の雛飾りは、上段に天神、下段に武者物や女物の人形を並べ、ときには家族に節句人形も雛段に集めて賑やかに飾られました。
 三次人形の創始期は幕末から明治初頭にかけて。島根県の長浜人形などの影響を受けたもので、明治時代から大正時代の頃は、宮ノ峡(みやのかい/現三次町/「宮の海人形」とも)と十日市町の二ヵ所に窯があり、良質の人形が数多く作られました。宮ノ峡の方は大正初期に廃絶しましたが、十日市の丸本家が中断を経て、現在の三次人形を受け継いでいます。
 写真は、明治中期から大正時代の頃に作られたもので、両方の窯の人形が集まっています。天神を飾って三月の節句を祝う風習は、三次地方だけではなく、島根県出雲地方や鳥取県倉吉地方、兵庫県丹波地方をはじめ、各地に残されています。
 三次地方の雛飾りは、4号館1階の展示室でご覧いただけます。
 
2019年2月 
 
「水沢のくくり雛」
(岩手県奥州市水沢/平成28年)




 岩手県奥州市水沢の旧町内では昭和初期頃まで、雛まつりには自家製の押絵の雛人形が飾られていました。押絵は型紙に従って切り取った厚紙に錦を置いてくるみ、半立体的に組み合わせて形づくるものですが、この地方では、「くるむ」ことを「くくる」と表現するため、「くくり雛」と呼ばれています。その始まりは、明治28年、岩手県水沢の画人・砂金竹香が京都で開催された大日本勧業博覧会に出品されていた押絵にならって作り始めたもので、その後、商家や旧家の婦女子にも手法が伝わり、広まっていきました。
 時代の移り変りとともに、作り手がなくなり、一度は途絶えてしまいますが、平成5年、子どもたちの健やかな成長を祈り、水沢の伝統文化を伝えていくため、「水沢くくり雛保存会」が組織され、復興が果たされました。毎年2月の下旬から3月上旬まで、「くくり雛まつり」も開催されています。水沢のくくり雛は、内裏雛の他は、歴史上の人物や浮世絵、風俗などを題材に製作されているのが特徴です。
 当館が寄贈を受けたものは、平成28年に「水沢くくり雛保存会」によって制作されたものです。内裏雛とともに金太郎、桃太郎と犬、猿、きじ、福助、桃抱き唐子、手まりもち娘、蕪もち大黒、俵のり大黒、高砂、三河万歳のユニークな10種が段飾りに並びます。
 水沢のくくり雛は2日から開催の春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛~」で」ご紹介しています。

 
2019年1月

「猪と和気清麻呂」
(福岡県福津市/昭和40年代・福岡県北九州市/昭和40年代・京都市/平成30年)

津屋崎土人形・和気清麻呂のり猪と
足立山妙見宮の猪土鈴
足立山妙見宮のしし笛 護王神社の座立亥串

 奈良時代から平安時代初期に活躍した貴族、和気清麻呂(わけのきよまろ)は、時の法王、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)の不正を暴いたことで道鏡の怒りを買い、足を負傷させられた上、鹿児島へ流罪にされてしまいます。その途中、福岡に着くと、清麻呂はどこからともなくやってきた300頭の猪の大群に宇佐八幡宮へ運ばれ、八幡宮の大神から「豊前国(北九州市)湯川郷の湯に浸かれば治る」とのお告げをうけ、その通りにすると足が治ったのです。
 この言い伝えから、各地で和気清麻呂と猪にちなんだ郷土玩具が作られてきました。津屋崎土人形には猪のり和気清麻呂、和気清麻呂が湯治したとされる湯川の近く、足立山(足が立つ山)妙見宮では、猪の土鈴や猪の鳴き声のような音が鳴る竹の猪笛が知られています。  
 また、平安京の遷都に貢献した和気清麻呂を御祭神とする京都の護王神社の境内には、「猪」の霊猪像があり、猪のおみくじや座立亥串(クラタテヰグシ)が授与され、本物の猪も飼育されています。座立亥串の1本は、名前と願い事を書いて本殿に招魂樹(おがたまのき)の根元「願掛け猪」の周りに差して願掛けし、もう一本は持ち帰って神棚や玄関など、家族の皆が目にとめることができる清浄な場所に、目線よりも高い位置に祀ります。
 和気清麻呂にちなんだ猪の郷土玩具は、現在1号館で開催中の冬の特別陳列「猪のおもちゃ」でご紹介しています。

新着情報に戻る

2014年度  2015年度  2016年度  2017年度  2018年度

2004年度  2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  2012年度  2013年度









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174