神戸開港150年記念企画展「TOY & DOLL COLLECTIONの季節展

会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
会期:2017年1月25日(水)〜12月28日(木)


日本玩具博物館のコレクション展示をお楽しみいただくために、季節に合わせて4回の展示替えを行います。

*世界の玩具コレクション・2*
世界の国の人形たち Dolls of the World
●展示会期=2017年2月22日〜6月11日 ●Exhibit open from Feb. 22 through June 11, 2017
人形は、人間の歴史と同じぐらい長い歴史をもっていると言われています。古代の人形は、災厄よけ、安産や豊作 の祈願などに用いられ、お守りとしての役割を果たしていました。ギリシャ・ローマ時代に入ると愛玩用の人形も登場し、8〜9世紀頃のヨーロッパでは子ども用の抱き人形も作られ始めます。
流行のファッションに身を包んだ観賞用の衣装人形、個人の芸術性を志向した創作人形、風俗をおり込んだ世界各地の民族人形など、現在までに、様々な役割をもった人形が登場し、私たちの暮らしを彩ってきました。
一方、古代の人形と共通する心情をもつ素朴な自然素材の人形は、今なお、アフリカや中南米、アジアなどの各地で生き続け、また、古くから子どもたちが伝承してきた草や木の実の手作り人形なども、人形の世界に豊かな奥行を与えています。
このコーナーでは、日本玩具博物館の2万点をこえる「世界の人形コレクション」の中から、250点の人形資料を選び、「アジア・オセアニア」「中近東・アフリカ」「北米・中南米」「ヨーロッパ」と4つの地域に分けて民族色豊かにご紹介いたします。
 人形の表情や衣装、持ち物、仕草などを通して、世界に暮らす人々の生活文化を訪ねます。


It is said that dolls have a history about as long as that of humans. In ancient times, dolls were used as protective charms to ward off danger and to pray for easy childbirth and a plentiful harvest. In Greek and Roman times, dolls gained more significant cultural value, and 8th to 9th century Europe began to produce dolls for children.
Dolls have taken on many roles over the years. There are costume dolls, which are dressed in the latest fashions to be admired; creative dolls, which are the subjects of artistic expression; and folk dolls, which have been infused with the cultures of different regions of the world. Dolls have become reflections of our lives.
However, simple dolls made of natural materials that are similar to their ancient predecessors still exist in locations in Africa, South America, and Asia. Dolls made of straw and wood that children have passed  down through the ages have also added to the vastness of the doll realm.
In this section, 250 pieces were selected from the over 20,000 available in the Japan Toy Museum’s Dolls of the World collection. This exhibit of folk dolls spans four regions: Asia/Oceania, the Middle East/Africa, North/South America, and Europe.
 You can experience the lives and culture of people around the world through viewing the facial expressions and poses, clothing, and accessories of these dolls.
●春の企画*Spring Exhibit●
雛飾りと端午の節句飾り Girls’ and Boys’ Day Decorations
●展示会期=2017年2月22日〜6月11日 ●Exhibit open from Feb. 22 through June 11, 2017
3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句などの風習は、季節の節目に災厄をはらい、身体を健康に保つための行事として古代中国に誕生し、奈良時代の頃、日本の貴族社会にも伝えられました。それが、時代を経て、女児の健やかな成長と幸せな将来を祈る雛祭りや男児の健康と出世を願う端午の節句へと発展し、江戸時代後期に入ると、雛人形や武者人形を飾って節句を祝う風習が定着していきます。桃の節句の雛飾りと端午の節句の武者飾りは、江戸時代末期には大都市部から地方都市へ、さらに農村部や山村部へも普及して、現在に至るまで、日本の人形文化の中心を支え続けています。
ここに展示する「御殿飾り」は、御殿の中に雛人形を置き、下段に諸道具などを並べ飾るもので、江戸時代後期から京阪神地方で好まれた雛飾りの様式です。
これらは明治・大正時代、京都の雛人形細工司・大木平蔵のもと、当時の美術工芸の粋を集めて調製され、裕福な神戸市内の家庭で飾られた優美な御殿飾りです。
また、端午の節句の座敷飾りは、大正時代に神戸市兵庫区の上田人形店で制作され、神戸市内の家庭で大切に保存されていた一式です。飾り甲冑は幼児が立ち上がったほどの大きさがあり、添え飾りの諸道具も非常に勇壮です。神戸の町ゆかりの節句飾りの美をご堪能下さい。

The customary Peach Festival on March 3rd and Iris Festival on May 5th were established in ancient China to ward off dager and to preserve physical health as the seasons changed. This tradition was passed down to Japanese nobility during the Nara period(710-794), Over time, these festivals evolved into Girls’ Day, when people prayed for the healthy growth and future good fortune of girls, and Boys’ Day, when people prayed for health and success of boys. During the latter half of the Edo period(1780-1867), it became customary to display hina dolls(ornamental dolls representing the Emperor, Empress, and so on) during the Peach Festival and samurai dolls during the Iris Festival. By the end of the Edo period and still to this day, the dolls are displayed in cities both large and small and in rural regions throughout Japan. These festivals are pillars of Japan’s doll culture.
In this goten kazari (palace decorations) exhibit, hina dolls are placed in the palace, and various props are lined up along the tiers below. This decorative style became popular in Kyoto, Osaka, and Kobe from the latter half of the Edo period.
During the Meiji and Taisho periods, these luxurious and elegant palace decorations were created by Okiheizou, a famous doll maker of Kyoto, and they were the essence of the arts and crafts of the times. They were displayed in wealthy homes in Kobe.
The tatami room decorations for the Iris Festival were crafted by the Ueda doll shop in the Hyogo district of Kobe during the Taisho period, and the set was treasured in homes throughout the city. The decorative suits of armor, flanked by majestic props, are as tall as a small child. We invite you to take in the beauty of Kobe’s festival decorations.

過去の展示記録     次回開催の展示詳細案内
       
<世界のおもちゃコレクション> 
 ◇新春の展示    世界の伝承玩具〜こま・剣玉・ヤジロベエ・ボール・風車・凧〜   2017年1月25日(水)→ 2月19日(日)
 ◇春・初夏の展示   世界の国の人形たち                             2017年2月22日(水)→6月11日(日)
 ◇夏・初秋の展示  世界の乗り物玩具                               2017年6月14日(水)→ 10月15日(日)
 ◇秋・冬の展示   世界の動物玩具                               2017年10月18日(水)→ 12月28日(木)

       
<季節の展示> 
 ◇新春の展示     ちりめん細工                                 2017年1月25日(水)→ 2月19日(日) 
 ◇春・初夏の展示   雛飾りと端午の節句飾り                          2017年2月22日(水)→ 6月11日(日)
 ◇夏・初秋の展示   神戸人形〜港町・神戸のからくり人形〜                 2017年6月14日(水)→ 10月15日(日)
 ◇秋・冬の展示    世界のクリスマス〜クリスマスを彩る造形〜               2017年10月18日(水)→ 12月28日(木)