日本玩具博物館*冬の特別陳列

ねずみのおもちゃ
会期 2019年11月16日 (土)→ 2020年2月18日 (火)
会場  日本玩具博物館2号館

 「十二支」は、動物で時刻や方角、あるいは年月を表わす考え方として古代中国から伝わったものですが、長い歴史を経て日本人の暮らしに深く根を下ろし、庶民の間でも親しまれてきた民間信仰です。例えば、生まれ年にあたる動物の性質がその人の性格や運勢などに関係するという信仰、自分の干支に因んだ動物をお守りにする習俗などがあります。日本の郷土玩具はこれらを母体として生まれた庶民的な文化財です。
 2020年の干支「子(=ねずみ)」は、その繁殖力の強さから増大し、繁栄することの象徴と考えられ、郷土玩具にも数多くの題材を提供してきました。各地のねずみの郷土玩具を集めてみると、ねずみだけの造形より、様々な植物や器物と組み合わせて、その性格が表現されるものが多いことに気づかされます。例えば、蕪(かぶら)、唐辛子(とうがらし)、米俵、千両箱、巾着、小槌…など。またねずみは大黒の使いであることから、大黒神の象徴である米俵や小槌との組み合わせも目立ちます。本展では、2020年の干支を祝い、子(ねずみ)の代表的な郷土玩具を、造形の特徴に注目してご紹介します。

蕪・唐辛子とねずみ
 蕪(かぶ)とねずみの組み合わせは、「かぶ(株)がねずみのように増える」ことのまじない、唐辛子もねずみのように増えることを表した造形です。唐辛子は男児の象徴と言われるところから子孫繁栄のまじない、とも考えられます。

米俵・小槌・福袋・巾着・千両箱とねずみ
 打ち振れば、願いがかなう小槌、そして福袋、米俵も大黒神の持ち物であることから、農作物の実りを司る大黒神を象徴しています。多産なねずみにあやかって、米俵の中身が増えること、すなわち豊作を願った造形と考えられます。千両箱や巾着との組み合わせも同様に、中身が増えるようにとのまじないです。

大黒神の使い
 大黒は、日本人とって農耕を司る神。大黒とねずみを組み合わせる理由として、米を食べるねずみを監視しているという説、多産ななずみを豊作の神様の使いとしたという説、大黒神を表す「黒」が方角でいえば北、ねずみ(=子)が北を表すことと結びつけられたたという説・・・と様々です。


動くねずみのおもちゃ
 米を食べるねずみ、くるくる動き回るねずみ、猫を怖がるねずみなど、ねずみの愛らしい仕草を題材にして作られたねずみの玩具です。

年賀状の中のねずみ
 干支の動物は年賀状のデザインにもかかせません。郷土玩具収集家として著名な故・村松百兎庵(ひゃくとあん)氏のもとに届いた、大正13年と昭和11年の子年の年賀状をご紹介します。当時の豊かで質の高いデザイン感覚が伺えます。