■夏休み面白おもちゃ作り教室■


●申し込み制の教室

@牛乳パックで作る風車小屋
  日時……………8月6日(土) 10時〜12時
  材料費…………300円

牛乳パックを利用して、糸を引くとクルクル羽根が回る楽しい風車小屋を作ります。中世オランダにこの玩具の原型となるような「クルミ風車」がありました。



↓参加者全員で完成した「風車小屋」を手に持って記念撮影。(2005.8.6)

     
   

A鯉の滝のぼり
  日時……………8月9日(火) 10時〜12時
  材料費…………400円

竹の弾力によって、紙製の鯉がスルスルと紙の滝を上り下りする江戸時代流行の仕掛け玩具です。


↓参加者全員で完成した「鯉の滝のぼり」を手に持って記念撮影。(2005.8.9 午前の部)
参加者の人数が多く、午前の部と午後の部に分かれるほどの人気の講座。
        
                                             
↑昆虫大好きの少年は、昆虫が上り下り。    

B木挽き人形
  日時……………8月19日(金) 10時〜12時
  材料費…………300円

きこりがノコギリで丸太をひく動作をする仕掛け玩具を作ります。江戸時代、同じものが江戸深川の玩具として親しまれていました。

↓参加者で完成した「木挽き人形」を手に持って記念撮影(22名参加)。(2005.8.19)
    
    
 
   
C剣術人形
  日時……………8月23日(火) 10時〜12時
  材料費…………500円

つまみを動かすと人形が剣を振り上げ、振り下ろし自由自在に動き回る楽しい玩具です。江戸時代から人気がありました。





↑説明を聞く子どもたち。

↓参加者で完成した「剣術人形」を手に持って記念撮影。(2005.8.23)


D麦わら細工の虫かご
  日時……………8月25日(木) 10時〜12時
  材料費…………100円

昭和30年頃まで、子ども達の手作り遊びとして親しまれてきた虫かご。播州では草を詰めて蛍を入れるかごとして、伝わっています。




↑学芸員実習生も参加。完成した「麦わら細工の虫かご」を手に持って記念撮影。(2005.8.25)


●自由参加の教室

夏休み中の日曜日(7月24日・31日.8月7日・14日・21日・28日)には、午後14時から江戸時代のからくり玩具「かくれ屏風」を作ります。
  材料費…………100円


トップページへ戻る    2006年度おもちゃ作り教室







Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174