6号館・夏の企画展


●会期 2005年6月25日(土)〜10月11日(火)   ●後援 ドイツ連邦共和国総領事館

 2005年度は『日本におけるドイツ年』。日本各地でドイツ文化について理解を深める様々な催しが開かれています。当館では、この機会をとらえ、ヨーロッパを代表する「おもちゃ王国・ドイツ」について紹介したいと考えました。
 当館におけるドイツ玩具のコレクションは、30年間の歩みの中で3000点を超え、その内容は、地域色豊かな民芸玩具と、教育や治療など科学的な概念のもとに生まれた近代玩具で構成されています。民芸玩具からは、ドイツが古くから伝えてきた美意識や宗教性などが伺え、一方、近代玩具には、デザイナーやトーイ・メーカーの玩具に対するとらえ方がよく表現されています。職人の技と精神の継承を図るマイスター制度によって玩具産業が高い専門性をもっていること、また玩具の中に子どもの成長発達に果たす役割を見いだし、その課題と向き合ってきた思想史があることは、ドイツの玩具をとらえる上で重要な視点です。
 本展では、約1000点の資料を一堂に集め、2つの部屋に分けて展観します。「ドイツの郷土玩具と近代玩具」の部屋では、チューリンゲン地方、アルプス地方、エルツゲビルゲ地方の木製玩具、錫やブリキで作られた金属製玩具、近代思想に基づく教育玩具、トーイ・メーカーの近代玩具などのグルーピングでドイツの玩具の歴史をたどります。一方、「豊かな遊びをつくる玩具」の部屋では、玩具の機能と種類によるグルーピングで近代の木製玩具を紹介します。世界中に商業主義が吹き荒れる現代においてもなお、使い手である子ども達に誠実であろうとするドイツ玩具の数々を総覧する、楽しく見ごたえのある展覧会です。



錫人形の色々(ニュールンベルグ周辺)

  
   

エルツゲビルゲ地方のクリスマス玩具                       はじめて出会うおもちゃ
       〜クルミ割り人形と煙だし人形〜                         〜がらがら・ぬいぐるみ〜 



人形芝居用の人形たち

 

ドイツ・トーイメーカーの近代木製玩具
                        

《ド
展示解説会のお知らせ


ドイツ各地の郷土玩具をはじめ、美しく堅牢な近代の木製玩具やブリキ玩具などを展示の中から取り出してご紹介します。下記の日程に6号館会場へお集まり下さい。



●日時……2005年7月18日(祝)・24日(日)・31日(日) 午後3時〜(40分程度)
        2005年8月14日(日)・21日(日)
        2005年9月18日(日)・23日(祝)

●解説者…当館学芸員・尾崎織女

トップページへ戻る