日本玩具博物館の夏休み面白おもちゃ作り教室

 日本玩具博物館では、今年も子どもを対象とした夏休み面白おもちゃ作り教室を開催いたします。1号館で開催の企画展『おもちゃの汽車』(会期=2008年7月5日〜9月9日)、6号館で開催の特別展『音とあそぶ〜世界の発音玩具と民族楽器〜』(会期=2008年6月21日〜10月14日)にからめた玩具や、子どもたちに人気のあるからくり玩具、また地元の伝承おもちゃなども含めて、本年は盛りだくさんな内容です。申込制のものと自由参加制のものとがありますが、各日とも定員は20名です。
 どうぞふるってご参加下さい。


◆ ワークショップT (作りたい人、この指とまれ!自由参加制)

♪音のでるおもちゃを作ろう1 「ストローの笛とぶんぶんゴマ」

●日時………7月27日(日)・8月10日(日) いずれも11:00〜

ストローと色紙を使って、楽しいラッパを作ります。ブゥブゥ、
ピィピィ、簡単なのに楽しい笛のおもちゃです。もうひとつ、アイスキャンディの木のスプーンと凧ひもでぶんぶんゴマを作ります。両手にひもを持ってまわすと、ぶーん、ぶーんとうなり音を立てながら回転します。小さな子どもたちも大喜び!

8月10日に参加した子どもたちも大喜びでした
ストローの笛 ストローの笛 ぶんぶんゴマ ぶんぶんゴマ



♪音のでるおもちゃを作ろう2 「鳴くニワトリさん」

●日時………8月3日(日)・8月17日(日)  いずれも11:00〜

紙コップに糸電話のように凧ひもをはり、ニワトリのおもちゃをつくります。ぬらした布や紙でひもをこすると、コッ、コッ、コッ、コッ、コケコッコー!と鳴き声を発するおもしろいおもちゃです。

※いずれも、指導は当館館長あるいは学芸員、参加費は各回100円です。


   


8月17日も大勢の皆様が参加してくださいました


◆ ワークショップU (申込制、定員20名)

8月4日(月) 10時20分〜12時 … 牛乳パックでつくる汽車 (参加費/300円)

牛乳パックと竹串、牛乳びんのフタなどをつくって、走らせた楽しい汽車のおもちゃを作ります。1号館で展示中の世界各地からやってきた汽車のおもちゃを参考に、ユニークな作品をしあげましょう。





8月11日(月) 10時20分〜12時 … 江戸のからくり玩具「鯉の滝のぼり」(参加費/500円)

竹のしなりを利用した江戸時代のからくりおもちゃです。U字型の竹をにぎったり、ゆるめたりすると、鯉がするすると滝を上り下りし、生きているみたいに動きます。



8月18日(月) 10時20分〜12時 … 江戸のからくり玩具「ご来迎」(参加費/300円)

筒の下のつまみをもちあげると、後光を背負った阿弥陀如来があらわれる江戸時代のしかけおもちゃです。色紙とトイレットペーパーの芯をつかい、孔雀や花火ないろんなものに見立てた作品を作りましょう。





8月20日(水) 10時20分〜12時 …… 播州の伝承会「麦わらの虫かご」(参加費/200円)

播州をはじめ、瀬戸内沿岸の多くの地域に、麦わらを編んでつくる虫かごが伝承されています。5月から6月にかけて、麦の収穫後に残される麦わらで手づくりされた品々は、今の60代以上の方々にとってはなつかしい思い出につながるものです。香寺町内で育った麦のわらを使って、播州伝承の虫かご(ホタルかご)を製作しましょう。

※ 以上のワークショップは、いずれも当館館長と学芸員が担当します。

「麦わらの虫かご」の製作過程


製作した「麦藁の虫かご」を持って、記念撮影!


■日本玩具博物館■
〒679-2143 兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3
TEL:079-232-4388  FAX:079-232-7174 http://www.japan-toy-museum.org
交通=JR姫路駅から播但線で約15分の香呂駅下車東徒歩15分
車は播但連絡道路船津ランプから西へ約5分
入館料=大人500円・高大生400円・小人(4才以上)200円


館長室から〜夏休み面白おもちゃ作り教室関連掲載文抜粋〜