春のワークショップ「折り紙のおひなさまを作りましょう」
日時………2019年2月10日(日)・17日(日)・24日(日)・3月3日(日)@11時30分〜 A13時30分〜
場所………日本玩具博物館6号館テラス
参加費………150円
3月3日の雛まつりに向けた4日間のワークショップは、たくさんの子どもたちが参加してくださり、かわいらしいお雛さまができあがりました。折り方はとても簡単ですが、端をそろえ、折り目をしっかりつけることが、出来上がりをきれいにするポイントです。折り紙に慣れない小さな子どもたちも一生懸命に折って、思い思いに雛の顔を描いて楽しんでくれました。
 ワークショップの様子をご紹介します。
6号館横のテラスが会場です。
笏や扇は金色の紙を使って切って貼ります どんな顔にしようかな 一人でできたよ!
*たくさんのかわいらしいお雛さまができました!*
子どもたちは自分で作った折り紙のお雛さまを、お家のお雛さまと一緒に飾ってくれたでしょうか。^^
 雛人形の源流のひとつで、平安時代から日常的に遊ばれていた紙製の立雛は、江戸時代に豪華な衣装の座り雛が登場してくると、一緒に飾られたり、遊びのために作られたりしました。当時の子どもたちのように、遊んで楽しみ、見て楽しむ雛まつりを過ごしてくださったら嬉しいです。