日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

展示・イベント案内 exhibition

特別展

日本玩具博物館*夏の特別展 「世界の船の造形」

会期
2021年7月10日(土) 2021年10月24日(日)
会場
6号館東室

**今夏は、日本玩具博物館の「乗りもの玩具コレクション」の中から、「船」をとりあげ、世界約50ヶ国から特徴ある船のひな形や玩具、約300点を集めて、造形の魅力をさぐります。

**船は、人間がつくった乗りものの中でも、最も古い歴史をもっているといわれます。玩具の船もまた、遠い昔から身近にある素材で様々なものが作られてきました。木の葉や木の皮など、自然物を利用した船の玩具は、日本の子ども達が遊びの中で伝承してきたものであり、驚くほど古い歴史を持っています。
大人達もまた、仕事の合間に、身近にある船をまねて、子どもの喜ぶ小さな船を作りました。運輸の船、漁業の船、祭礼の船などを模して作られるひな形の数々は、各地の船の特徴や暮らしの姿を伝えています。

**また、世界の船の玩具を見渡すと、ゼンマイ、ゴム、ロウソクの火、さらに電池を利用するなど、水上を走らせる仕掛けに工夫がこらされているのがわかります。それぞれの玩具に込められた知恵は、子ども達の心に科学的な視点を育んでいきます。

**本展では、日本を含むアジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカーーと地域ごとに民族色豊かな船をご覧いただき、ユニークな造形をお楽しみいただく夏らしい展覧会です。新型コロナ感染症のパンデミックによって海外への旅もままならぬ日々、海を模した水色の展示室のなか、船のひな形や愛らしい玩具を通して、世界の国々の暮らしに思いをはせ、旅をお楽しみいただければと思います

                          展示総数 約300点

・・・アジアの船 
―――アジアでは、台湾の竹筏やタイの「サンパン」のように古代船さながらの形をもつ玩具や中国の「ジャンク」のように繊細な木造帆船のひな形も見られます。台湾の南東沖に浮かぶ蘭嶼島に暮らすタオ族は、トビウオ漁に「チヌリクラン」という美しい船を使います。船体を飾る赤と黒のウロコ模様は海を、船首と船尾の丸い目は彼らを守護する太陽を象徴するともいわれます。かつてタオの父親は潮待ちの間、息子のために船の廃材から本物そっくりの玩具を作りました。

・・・オセアニアの船 
―――太平洋に浮かぶ西サモアやフィジー、タヒチなどの島々には、荒波を受けても転覆しないように本船と副船を腕木で固定した「アウトリガー・カヌー」が見られます。南太平洋に位置する海洋国、パプアニューギニアでは、九月の独立記念日に、船による古代の部族間交易を再現する「ヒリモアレ祭」が催され、人々は古代船「ラカトイ」のひな形を手に舞踊を繰り広げます。ラカトイもアウトリガー・カヌーで、2枚の帆には木の皮製のタパ・クロスが張られています。

・・・アメリカの船 
――― 氷に閉ざされた北部アメリカでは、先住民の白樺の皮製のカヌー、メキシコ先住民の木のくり船また、ブラジルの筏船「ジャンガーダ」など、風土に根ざした個性豊かな船の玩具が伝わります。ペルーとボリビアにまたがるチチカカ湖に浮かぶウロス島の人々は、「トトラ」と呼ばれるカヤツリグサ科の植物を束ねて「バルサ」を造ります。バルサは湖上の移動や漁などに使われる生活必需品。実物に忠実な小さな船はウロス島の観光土産として人気があります。

・・・ヨーロッパの船
――― ヨーロッパでは、優良な玩具メーカーによって、ゴム仕掛けやゼンマイ仕掛けで動く船、また風力で進む帆船など、子どもの科学への興味を誘う玩具 が作られています。セーリングを楽しむ伝統が長いイギリスには優れたヨットの玩具が見られます。全長30㎝足らずの小さな船でありながら、本物のヨットの機能をすべて具え、海や川を美しく帆走する玩具もあります。ある日、男の子が浮かべた小さなヨットが、転覆もせず百マイルを旅してアイルランド沖に漂っているのを発見された例もあります。

・・・アフリカの船
――― 櫂で進むくり船の玩具が、古代 から続く素朴な川船の形を示す一方、タンザニアのアウトリガー・カヌーなどは、海のルートでつながるオセアニアとの深い関係を知らせています。コンゴ民主共和国のモンゴ族は、漁労によって暮らしています。櫂を手に川へと繰り出し、モンドリ籠で魚を捕る様子が楽しくも写実的に表現された玩具は、この地の暮らしを温かく伝えています。

・・・伝承草花遊びの舟
―――「うなゐこが ながれにうくる 笹舟の とまりは冬の 氷なりけり」
中世の頃に編まれた『夫木和歌抄』には、このような歌が残されています。「うなゐこ」は幼い子どものことです。今から700年前の子どもたちはすでに「笹舟」を水に浮かべて遊んでいたことがわかります。身近にある自然物から作られる玩具は、昔々から伝承されて、時代時代の子どもの心をとらえ続けてきました。ここでは、「笹舟」「松の木皮の舟」「烏賊(イカ)の甲羅の舟」など、素朴な手作りの船玩具を紹介します。

そら豆のさやの舟・笹舟・イカの甲羅の舟

・・・懐かしい昭和時代の船のおもちゃ
――― ブリキのおもちゃが歓迎された明治時代、セルロイドの全盛期である大正から昭和初期、戦前戦中の物資統制時代、そして戦後のブリキやプラスチック時代。それぞれに時代に子ども達の心をとらえた近代の船のおもちゃの中から、昭和・平成時代の懐かしい資料を選んで展示します。郷土玩具の薫りを残す昭和初期の屋形船や木船、昭和時代を通じて縁日の人気ものだったポンポン船、ゼンマイ仕掛けで走るモーターボートなど、大人の皆さまには、子ども時代の思い出につながる船の玩具をお楽しみ下さい。