日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

イベント

平成13年度文部科学省委嘱「親しむ博物館づくり事業」 アジアの色と形*座談会「アジアのおもちゃ収集てんまつ記」

会期
2001年9月9日(日) 2001年9月9日(日)
会場
6号館2階 講座室

今夏は、平成13年度文部科学省「親しむ博物館づくり事業」の委嘱を受け、6号館で開催中の特別展「アジアの国のおもちゃ」に展示された玩具資料を、グループごとに取りあげ、資料を観察したり音を出したり、実物を動かしたり遊んだり、それらが生まれた背景を考えたり、また同じ仕組みの玩具を作ったりすることで、より活き活きと立体的に展示物を理解することができるよう4シリーズの講座を計画しました。

中国、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、インド・・・アジア各地を訪ねて、その土地土地に伝承される郷土玩具の収集をなさってこられた柊澤玄樹さんをお招きし、アジア各地の玩具事情についてお話をお伺いします。
まずは、柊澤さんのおもちゃをめぐる個人史についてご紹介し、学芸員がお話を伺う形で、アジア各地の郷土玩具の姿について、製作者や売られている場所、どのように愛されているのかなどを、柊澤さんからご紹介いただきます。伝承をつないでいく上での問題点についても探っていきます。
各地の玩具を数多くお持ちいただき、ご参加者の質問を随時、取り入れる形で進めていきますので、郷土玩具愛好者の皆さんにはこの機会にぜひ、お越しください。


     日時=9月9日(日) 13:30~15:00
     会場=6号館2F講座室
     講師=柊澤玄樹氏(アジアの郷土玩具収集家)
     聞き手=尾崎織女(当館学芸員)


→ 好評裡に終了しました!

座談会の風景