日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

イベント

夏秋の特別展「音とあそぶ~世界の発音玩具と民族楽器~」関連イベント 民族楽器ライブ~♪インドネシアの竹楽器・アンクルンの音色とメロディー

会期
2008年10月4日(土) 2008年10月4日(土)
会場
ランプの家&中庭

現在、6号館で開催中の特別展「音とあそぶ~世界の発音玩具と民族楽器~」に合わせ、民族楽器の演奏会を開催いたします。
2回目は「インドネシアの竹楽器・アンクルンの音色とメロディー」。

   日時=10月4日(土) 13:30~15:00
   会場=ランプの家&中庭
   演奏&指導=「竹和(CHIKUWA)」(代表:福本聖美)
   主な演奏曲目
      オイナニ ケケ OINA NI KEKE (インドネシア民謡)
      オブラディ・オブラダ
      ラ・クンパルシータ      
      アマポーラ
      モルダウの流れ
      チャチャ マリチャ CACA MARICA(インドネシア民謡)


アンクルンは、1楽器1音で、複数者がそれぞれ担当音を持って音を出し、 メロディーや和音をつくる楽器です。竹筒をゆらして音を出し、音域は 3オクターブ。今回は、インドネシアのジャワ島バンドン市から持ち帰った 楽器が使われます。
演奏者は、播磨地域のアンクルン愛好者グループ・竹和(ちくわ)の皆さん。代表&指導者の福本聖美さんを中心に、インドネシア民謡や日本の童謡、 古謡、ラテン曲などを主なレパートリーとし、アンクルンにパーカッションなど他楽器も加えて自由な音楽づくりを楽しんでおられます。

今回は、竹和の皆さんの演奏をお聴きいただいた後、メンバーからアンクルンの方法を手ほどきしていただき、参加者みんなで演奏するワークショップも予定されています。空が高くなり、涼風が渡る中庭から、やさしい音色が館全体に響きます。


<開催後記>
大好評をいただき、終了いたしました。当日の様子は<ブログ「学芸室から」2008年10月4日>でご報告しています。