日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

館外展

佐野美術館「ちりめん細工の世界~ぬくもり布あそび~」

会期
2010年2月20日(土) 2010年4月5日(月)
会場
佐野美術館

桃の節句の「つるし雛」の町おこしで有名な稲取にもほど近い、静岡県三島市にある佐野美術館よりご依頼を受け、日本玩具博物館のちりめん細工コレクションを総覧する展示会を持たせていただきました。
3か月以上かけて緻密なシミュレーション作業を行い、展示を準備してまいりましたが、オープンに先立ち、井上館長、尾崎学芸員、笹竹学芸員が会場入りし、佐野美術館の学芸スタッフの皆さんと一緒に展示作業に当たりました。古作、新作、子どもたちの晴れ着などの展示コーナーももうけ、三章仕立ての華やかな展示に仕上がりました。

下記は、佐野美術館から本展に寄せるメッセージです。
  江戸時代の末頃、武家や商家など裕福な家庭の女性たちによって、着物の
  残り裂や古裂を利用して、縮緬の巾着や袋物などの小物が作られるように
  なりました。動物や虫、花…身近なモチーフを象ったこれらの小物は、確
  かな裁縫技術に支えられ、実に可憐に細緻に仕上げられています。そして
  明治時代には、女学校や裁縫塾の教材として、ちりめん細工は若い女性た
  ちの”針仕事の腕”を示すものとなりました。昭和以降、洋装の広まりや戦争
  の混乱などを経て、ちりめん細工は一時忘れられた存在となりましたが、
  近年、姫路の日本玩具博物館では、古作品の収集、指南書の復刻、技術の
  復元と講習会開催など、その復興に取り組んでいます。
  本展では、同館の全面的な協力を得て、ちりめん細工の古作品、現代に
  復元された作品、指南書など約400点を展示します。

また、チラシ裏面にありますように、当館の井上重義館長と尾崎織女学芸員による講演会や佐野美術館学芸員の展示解説会、さらに日本玩具博物館ちりめん細工の会講師の小島悠紀子さんと竹内友美さんによるワークショップが予定されています。イベントと合わせて、ぜひ、ご来場くださいませ。

  会期=2010年2月20日~4月5日
  会場=佐野美術館
  主催=佐野美術館
  ●出品展示協力=日本玩具博物館

展覧会準備の様子は<ブログ「学芸室から」2010年2月8日>で、展覧会の模様は<ブログ「館長室から」2010年2月28日>でご報告しています。