日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

館外展

北九州市制45周年記念・開館10周年記念 北九州市立小倉城庭園「ちりめん細工・春の寿ぎ」

会期
2008年12月13日(土) 2009年3月8日(日)
会場
北九州市立小倉城庭園

九州にお住いの皆さまに日本玩具博物館のちりめん細工コレクションをぜひご紹介したいと、以前、虫かご資料の出品協力をさせていただいた北九州市立小倉城庭園と協議し、女性たちの手芸活動が華やぐ初春の季節に合わせて展覧会を開かせていただくこととなりました。本展には、学芸員集団であるNPO法人創を考える会・北九州の皆さまにもご協力いただき、九州ではじめての本格的なちりめん細工展が実現しました。

本展では、当館所蔵の幕末から明治期の古作と現代の作品を中心に、およそ300点を選び、ちりめん細工の多様さや歴史を紹介。また新春や雛の季節にちなみ、正月や雛の飾り、明治時代の豪華な「檜皮葺き御殿飾り雛」や書院では傘飾りを展示いたします。
あわせて〔特別陳列 柳原白蓮ゆかりのおひなさま〕と題して、有職雛や打掛、羽織も展示されます。

チラシ裏面にありますように、オープンの12月13日には、当館の井上重義館長と尾崎織女学芸員による講演があり、また2月1日には、当館ちりめん細工の会講師・森重耐子さんによるワークショップが予定されています。催事と合わせて、ぜひお訪ねください。

 会期=2008年12月13日~2009年3月8日
 会場=北九州市立小倉城庭園企画展示室
 主催=北九州市立小倉城庭園
 出品展示協力=日本玩具博物館・学校法人 東筑紫学園
 企画=特定非営利活動法人 創を考える会・北九州
 後援=朝日新聞社、毎日新聞社・読売新聞西部本社・西日本新聞社・
     日本経済新聞社西部支社・NHK北九州放送局

展示作業や傘飾り製作の様子は、<ブログ「学芸室から」2009年2月9日>のなかでもご紹介しています。