日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

館外展

群馬県立日本絹の里「暮らしの中のちりめん遊び」

会期
2007年10月27日(土) 2007年12月10日(月)
会場
群馬県立日本絹の里

絹に関わる自然、産業、文化を扱う群馬県立日本絹の里より依頼を受け、この度、絹織物である縮緬を用いたお細工物「ちりめん細工」をご紹介する展覧会を開かせていただく運びとなりました。
日本絹の里の展示室スペースに合わせて、展示シミュレーション作業を行い、出品物の梱包などを済ませて、資料を送り出したところです。
このあと、井上館長と尾崎学芸員が出張して、展示作業に当たります。
江戸・明治の作品を中心に、当館収蔵のちりめん細工約600点を展示し、ちりめん細工の歴史やその多様さを紹介する北関東で初めての展覧会、オープンの10月27日には、館長と尾崎の講演会が、11月10日と12月2日には、当館ちりめん細工の会・南尚代講師による講習会も開かれますので、チラシをご覧の上、ぜひ、お出かけください。

  ●会期=2007年10月27日~12月10日
  会場=群馬県立日本絹の里・企画展示室
  主催=群馬県立日本絹の里
  ●出品展示協力=日本玩具博物館

<講演会・イベントのご案内>
講演会
10月27日 13:00~14:00「ちりめん細工の再興のために」井上重義(日本玩具博物館館長)
10月27日 14:00~15:00「ちりめん細工とその文化」尾﨑織女(日本玩具博物館学芸員)
ちりめん細工講習会(申込制)
第1回 11月10日(土) 13:00~16:00 ねずみ袋(講師:南尚代)2,000円
第2回 12月2日(日) 13:00~16:00 梅花袋(講師:南尚代)2,000円

<後記>
群馬県立日本絹の里での展示作業を無事終えて、帰館いたしました。展示の様子につきましては、<ブログ「学芸室から」2007年11月7日>でご報告しています。