日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

今月のおもちゃ Toys of this month

2015年1月

「江戸独楽・飛びコマ」

  • 昭和中期
  • 東京都台東区/木

 江戸独楽は江戸時代の東京で遊ばれたコマ。独特の仕掛けのある機知に富んだものが多い。飛びコマは円筒形で、上部に糸を巻いて回転させ、コマを持ち上げると底から円盤のようなコマが次々と5個も飛び出すユニークなもの。

遠心力で一緒に回転していた五つの小コマが飛び出してきます

 江戸時代安政6(1859)年に来日した、イギリスの初代駐日公使のオールコックは、3年間の滞在中の見聞記に日本人はコマが大好きだと記し、いくつか紹介したなかにこの飛びコマもあります。さらに文政6(1823)年に来日したシーボルトもこのコマを持ち帰り、オランダのライデン市にあるシーボルト博物館に保存されています。江戸独楽は今も後継者により、様々なものが作られ、この飛びコマもあります。

現在開催中の企画展「正月のおもちゃ」で展示していますが、2号館の体験コーナでは飛びコマで遊ぶことができます。