日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

ブログ blog

学芸室から 2015.11.28

<開催後記>クリスマスのワークショップ「クルミの中の幼子」1回目

本日、11月28日(土)13:30~、第1回目のクリスマスを飾るワークショップ「クルミの中の幼子」を開きました。
クルミは、ヨーロッパの冬に欠かせない栄養源であり、森の実りを象徴する食べものであったため、クリスマス・オーナメントとして、よく使われる素材です。一年の実りへの感謝の心がこめられます。
ハンガリーに伝承されるクルミ殻をベッドに見たてた幼子のツリー飾りをモデルに、クルミ殻、ウッドビーズ、リボンなどを使って、愛らしいクリスマス・オーナメントを作り、皆でツリーを飾りました。
―――「なんて愛らしい!」「宝物が出来ました。一人暮らしの母へのプレゼントにしたいです」「もっとたくさん作って小さなクリスマスツリーを飾りたいです」・・・などと嬉しい声がたくさん聞かれました。ワークショップ風景を少し画像でご紹介いたします。(尾崎織女)

バックナンバー

年度別のブログ一覧をご覧いただけます。