日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

ブログ blog

学芸室から 2014.01.28

チェコ国立博物館“ナープルステクミュージアムの日本文化展

プラハにあるチェコ国立博物館“ナープルステクミュージアム(Náprstek Museum)”のうら若き学芸員エレナ・ガウディコワ(Helena Gaudekovά)さんからすばらしい書物が送られてきました。―――『Playing All Day Long~ひねもす遊ぶ~』

ナープルステクミュージアムは、ヨエ・ホロウハ(Joe Hloucha)をはじめ、幾人かのチェコ人によって収集された日本の美術工芸品や生活文化資料が多く保存され、そのコレクションをもとに、数々の日本文化に関する収集、研究、展示、普及活動が古くから、私たちの知らないところで行われてきました。そのおかげで彼の地には、古き良き日本を理解し、今の日本に愛着と親しみをもって下さる方々が数多く暮らしておられます。

ナープルステクミュージアムのすばらしい収蔵品について、また同館の研究展示活動について私たちに知らせて下さったのがエレナさんで、一昨年の夏にお目にかかったのが最初でした(<ブログ「学芸室から」2012年7月29日>)。彼女は、近世絵画や仏教美術、そして玩具など生活資料についての専門家のもとを訪ね、ご研究を深める旅の中でのご来館でした。一年後、エレナさんは、「日本のおもちゃ」をテーマにすばらしい特別展を企画され、その成果をもってまた私たちに会いに来て下さいました。

今日、届いたのは彼女が執筆された日本の近世から近代にかけての遊びの文化についての書物です。英語で表現されたものなので、なんとか私にも読み進められそうです。日本の玩具や遊戯の文化をどのようにとらえて下さっているのか、とても興味深く――。

遠く離れた国で、私たちの国の文化に関心をもち、やさしいまなざしをむけて下さる若き研究者がおられること、そのまなざしの中に、文化財としての評価が定まった美術工芸品ばかりではなく、子どもたちのための素朴で儚い玩具や人形が含まれていることをとてもうれしく思います。

Elena-san, dnes jsem dostal knihu. Jsem tak rád, Děkuju. (尾崎織女)

バックナンバー

年度別のブログ一覧をご覧いただけます。