日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

ブログ blog

学芸室から 2012.01.31

バートキッシンゲンに玩具博物館オープン!      

1994年から交流を続けているドイツの人形玩具蒐集家、ヒラ・シュッツさん(Ms.Hilla Shütze)から、先日、嬉しいお便りが届きました。「2011年12月に、バートキッシンゲンの風格ある古い建物の一角に、“Spielzeugwelt(おもちゃの世界)”という名の玩具博物館がオープンしました」と。
ヒラ・シュッツさんとは、年に数回お手紙を交換する間柄です。手元にある日本の郷土玩具や伝承人形を届けたり、その返礼に彼女からは復活祭やクリスマスのオーナメントをプレゼントしてもらったり、また、知りたい文献をご紹介してもらったり……と、親しいお付き合いを続けてきました。彼女から贈ってもらったドイツやオーストリアの玩具や写真資料は、200点に及びます。そうした“もの”や情報ばかりではなく、ドイツの古い街に人形や玩具を愛する、暖かい心をもったひとりの女性が住んでいて、私たちは彼女の友人である……そのこと自体が、玩具博物館にとって、目に見えない、けれど、大きな価値をもっていると思います。
そのシュッツさんが、長い年月かけて蒐集し、ときにはそのコレクションの一部を展示しながら、手元で慈しんでこられた品物の数々を収め、恒常的に公開する施設が、この度、完成したのです。長く、彼女が暮らす街にそのような施設がつくられ、公的に守られていくカタチが整ったことをとても嬉しく思います。

バートキッシンゲン玩具博物館のポスター


届けられたポスターは、さっそく、“ヨーロッパのおもちゃで遊べるコーナー“の壁に掲示しました。その壁には、私たちと交流のあるヨーロッパやアメリカの玩具博物館をポスターによってご紹介しています。その中に、バートキッシンゲンの玩具博物館をラインアップさせましたので、ご来館の方々には目を止めていただきたく思います。バートキッシンゲンは、ヴュルツブルクやバンベルクにも近いバイエルン州の景勝地。温泉があるため、保養地としても知られています。ドイツを訪ねる機会には、ぜひ、バートキッシンゲンの“Spielzeugwelt”をご訪問下さい。そして「香寺町の玩具博物館でこちらのポスターを見たよ」と話して下されば、きっと館の方々が喜んで下さると思います。 http://www.badkissingen.de/de/stadt/kultur/museen/bismarck/18383.Spielzeugwelt.html

日本玩具博物館は、25年以上にわたって海外の玩具博物館との交流を続けてきました。おもちゃの国・ドイツには、ニュールンベルグをはじめ、古い町々に多くの玩具博物館がありますし、イギリスやスイス、また、チェコ、ハンガリー、ルーマニアなどの東欧の国々にも民族的な玩具資料を扱う博物館が存在します。どの玩具博物館も、コレクションの内容や活動に特徴がみられて、それぞれにユニークです。これまで、日本の郷土玩具や雛飾りをお贈りしたり、また反対に、その地に古くから伝わる民芸玩具を頂戴したりして、細く長くのお付き合いを続けています。今後も世界にある多くの玩具博物館と手を結び、子どもを見守る大きな輪を広げていけたらいいなと、各地のポスターを眺めながら想うことです。(尾崎織女)

バックナンバー

年度別のブログ一覧をご覧いただけます。