日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

ブログ blog

学芸室から 2010.12.01

姫路「サテライトミュージアム」2010   

http://www.japan-toy-museum.org/gazou/gakugei981.jpg


サテライト(satellite)は衛星。転じて“本体から離れて存在するもの”。この度、姫路市域の10のミュージアムが、JR姫路「えきちか」に、本体からサテライトを飛ばして 合同で博物館施設紹介展を開催することになりました。これは、新しく建て替わる姫路駅周辺ビル群の一角に「サテライト・ミュージアム」をつくるかどうかの実験的な催しで、明日12月2日(木)から4日(土)まで、会場をオープンします。

この催しの企画者と姫路市と10のミュージアムと・・・・・・、喧々諤々、夏頃からミーティングを重ね、ずいぶん時間もかけてきたことでした。姫路市域では、このような試みは初めてのこと。積み重ねてきたミーティングでは、各施設の考え方や博物館活動に対する思いを伺う機会ともなり、私自身、よい勉強をさせていただきました。

予算がゼロに等しい中での決行ですから、主催者も参加する私たち博物館側も大変なことだらけですが、日本玩具博物館も午前中をかけて私たちの小さなサテライトを立てました。
今回のサテライトの中身は、本館で開催中の特別展「世界クリスマス紀行」のエッセンスをご紹介する小展示です。もし、よろしければ、姫路「サテライトミュージアム」を覗いていただき、会場設置のアンケートにご意見ご感想をお寄せ下さい。
もちろん、本館へは、是非ともお越しいただきたく思っております。(尾崎織女)

     

    

会期:12月2日(木)~12月4日(土)10時~16時
会場:姫路駅地下街本会場/入場無料
主催:特定非営利活動法人スローソサエティ協会
協力:株式会社姫路駅ビル
後援:姫路市教育委員会

4年後に新しく生まれるJR姫路駅の北駅前広場は、大手前公園と同じくらいのスペースで、 西半分はバスやタクシーの乗り降りに、東半分は市民が楽しく使える広場になります。
この広場をどう活用するのかをさぐる社会実験第2弾として「えきちかサテライトミュージアム」が開催されます。
姫路~播磨の文化・芸術・歴史・自然を紹介する各ミュージアムの魅力や開催中のイベントなどが一目瞭然で、こどもたちが楽しく遊んで学べる体験コーナーもあります。

参加ミュージアム:姫路文学館・日本玩具博物館・姫路科学館・姫路市立水族館・兵庫県立歴史博物館・姫路市立美術館・姫路市平和資料館・姫路市立平和資料館・姫路市書写の里美術工芸館・姫路市立手柄山温室植物園・姫路市立埋蔵文化財センター

    

バックナンバー

年度別のブログ一覧をご覧いただけます。