日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

イベント

平成12年度文部省委嘱「親しむ博物館づくり事業」 夏休みおもしろおもちゃ教室2000*「江戸のからくり玩具作り」

会期
2000年7月22日(土) 2000年9月3日(日)
会場
6号館2階 講座室

今夏は、平成12年度文部科学省「親しむ博物館づくり事業」の委嘱を受け、1号館で開催中の企画展「神戸人形と世界のからくりおもちゃ」を核として、ワークショップやプレイコーナーなど、子どもたちが伝承からくり玩具に触れるプログラムを多く用意し、体験的に学べる機会を作ります。また本事業によって、兵庫県が誇るからくり玩具「神戸人形」復興への基礎を作っていきたいと考えます。

恒例の「夏休みおもしろおもちゃ教室」――今夏は、江戸のからくり玩具を取り上げます。身のまわりにある材料を使って親子で製作し、それぞれの玩具に込められた知恵と工夫を体験します。それは江戸時代の玩具の復元であり、絶えた伝承の糸を結び合わせることにもつながる作業です。


軽業人形

H型の棒の先に人形が吊り下がり、棒を握ると人形が上がったり下がったり、自由自在に楽しく動きます。世界各地に伝承されていますが、江戸時代にはH型の木枠ではなくU字型の竹が用いられていました。郷土玩具の中からU字型竹バネによって動く「跳ね蛙」などを紹介します。
   
    日時=7月27日(木) 10:00~12:00 申込制
    会場=6号館2階講座室
    講師=当館館長・井上重義
    参加費=500円
   

 好評裡に終了しました!


鯉の滝登り

竹のU字型に曲げ、両端を糸で結び、間に紙製の鯉をぶら下げます。竹のしなりを利用して鯉がするすると滝を上る動きを楽しみます。
   
    日時=8月8日(火) 10:00~12:00 申込制
    会場=6号館2階講座室
    講師=当館館長・井上重義
    参加費=300円

 好評裡に終了しました!


ご来迎

筒の下から棒を持ち上げると、後光が輝き、阿弥陀如来がご来迎――。如来さまと後光を孔雀や花などに見立ててそれぞれの「ご来迎」を作ります。
   
    日時=8月24日(木) 10:00~12:00 申込制
    会場=6号館2階講座室
    講師=当館館長・井上重義
    参加費=300円

 好評裡に終了しました!


松風ごま・かくれ屏風など

棒の真ん中に二つ穴をあけ、糸を通して松風独楽を作ります。ブーン、ブーンと音を立てて回せるコツをつかむまで遊びます。素材や形を変えて音の違いを楽しみます。
また、江戸後期に「団十郎のかくれ屏風」の名で親しまれたからくり玩具を、5枚の厚紙をつなぎ合わせて復元的に製作します。手品のように演出して教室の皆に披露し合います。
   
    日時=7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
        8月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)・14日(月)・
        8月19日(土)・20日(日)・26日(土)・27日(日)・
        9月2日(土)・3日(日)
        ※各日 11:00~/14:30~ 自由参加制
    会場=6号館2階講座室
    講師=当館館長&学芸員&学生スタッフ
    参加費=100円

 いずれの回も好評裡に終了しました!