日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

今月のおもちゃ Toys of this month

2020年4月

「疱瘡除けの赤いみみずく」

  • 平成20年代復元製作
  • 埼玉県川越市(江戸・東京の郷土玩具)/紙
川越張子・疱瘡除けのみみずく(江戸の疱瘡除けみみずくを再現)と『江都二色』(安永2・1773年刊)に描かれた疱瘡除けのみみずく

達磨に猩々、金太郎に鯛車・・・。日本の郷土玩具には赤く塗られたものが多く見られます。人形の着物は赤く、猿や馬、牛や犬の動物玩具もまた赤いものがいっぱいあります。赤い色に特別な霊力がこもるとして神聖視する感性は、縄文時代にはすでにあったとされ、長く日本に受け継がれてきましたが、江戸時代後期に誕生した郷土玩具においては、〝疱瘡(天然痘)を除けの赤″として表現されます。

会津張子・赤べこ(福島県)、三春張子・達磨(福島県)、鴻巣練物・鯛車(埼玉県)

奈良時代に大陸から持ち込まれた疱瘡(=痘瘡/天然痘)は、種痘が行き渡る明治中期ごろまで、千数百年にわたって日本人を苦しめた伝染病。江戸時代には慢性的に流行し、貴賤を問わず人々を襲い続けました。強い免疫性があるため、罹患者の多くは小さな子どもたちでした。死を免れても、高熱によって失明したり、深刻な後遺症が生じたりして、疱瘡が個人の人生に与えた影響の大きさが想われます。
当時、疱瘡は「疱瘡神」がとりつくことで発病し、それは〝断れない客″と考えられていました。人々は丁重に疱瘡神を迎え、つつがなく送り出すことに心を砕き続けましたが、そのもてなしに赤い色が大きな意味をもっていました。

江戸時代の絵図や文献をみると、病室には赤い屛風を広げ、疱瘡に罹った子も看病する親も赤い着物をまとっています。子どもの傍には闘病を励ますように達磨やみみずくなどの赤い張子玩具が置かれ、壁には獅子頭や猿や犬などを描いた赤い絵が貼られます。このような病室における赤尽くしについて、赤を好む疱瘡神を喜ばせるためとも、赤の呪力によって疱瘡神を退散させるためとも、両方の解釈がなされてきました。

疱瘡除けの赤い郷土玩具のなかに、東京の郷土玩具「疱瘡除けのみみずく」があります。みみずくは、江戸時代、高熱による失明から患者を守ってくれるとして常に病児の傍にありましたが、遠い昔に廃絶。それを埼玉県川越市で江戸張子の復元に取り組まれる荒井良さんが、平成の初め、作品や文献をもとに再現を果たされました。兎のように耳(羽角)が長く、愛らしい眼に呪力が宿る名作です。ただ、残念ながら現在は、製作がストップしています。
近世の人々の病気とのつき合い方や自然観を表現する「疱瘡除けのみみずく」―――また新たな感染症が流行する今、製作の再開が待たれます。(Osaki)