日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

今月のおもちゃ Toys of this month

2019年10月

「リンゴ見立ての玩具」  

  • 1980年代
  • フランス/木・針金・ビー玉

🍎多くの果実が実りの秋に収穫されます。リンゴもその一つです。フランスでは、リンゴのお酒をはじめ、料理やソース、デザートにリンゴを用いたレシピも多く、フランスの食文化にかかせない果物です。

🍎当館が収蔵しているフランスの玩具の中には、リンゴを題材にした玩具があります。「リンゴ狩り」は仕掛け玩具で、リンゴに見立てた赤いビー玉を、レールに転がすと、人形が針金のカップでリンゴを受け止めるとその重さで、カップが下にさがり、収穫コーナーにリンゴが転がります。リンゴを落とした反動と人形が持つオモリによって、再び人形がカップをかざすと、次のリンゴが木から落ちてくる仕掛けです。収穫コーナーには、数字が書かれたくぼみがあり、転がったリンゴが収まった場所の点数や合計を競って遊ぶこともあるのかもしれません。

🍎また、りんごに見立てた赤いコマは、逆立ちコマです。指でひねって勢いよく回すと、回転しながらひっくり返り、果梗(かこう)に見立てたつまみの部分が芯になって回転し続けます。 フランスの仕掛け玩具「リンゴ狩り」と「リンゴこま」は4号館2階の世界の民族玩具にてご紹介しています。