日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

イベント

秋の企画展「アフリカのおもちゃと造形」*関連イベント 演奏会*アフリカの音とリズム♪

会期
2005年10月30日(日) 2005年11月6日(日)
会場
ランプの家&中庭

この秋、当館が開催するアフリカ大陸の造形をテーマにした企画展には、伝承玩具に加え、アフリカ各地の民族楽器を数多く展示しています。その中から、特徴ある打楽器や弦楽器を選び、その音色とリズムを楽しむ演奏会を企画しました。

紅葉が美しい季節、日本玩具博物館の中庭や広場にアフリカの音が響きます。「アフリカのおもちゃと造形」展とあわせ、2回の演奏会へ是非ご来場下さい。

様々な国の親指ピアノ ムビラは上段左


●親指ピアノ「ムビラ」の音色

ムビラはジンバブエに住むショナ族が14世紀の頃から伝承する民族楽器です。祭礼の時に祖先の霊や自然の精霊と交信するために演奏される神聖な楽器で、日本では親指ピアノの名前で知られています。ムビラの音色は涼やかで美しく、聴く人の心を優しく包み込んでくれるようです。

    日時・・・・・・・・・・・・・10月30日(日) 13:30開演
    演奏者・・・・・・・・・・・中村由紀子氏(篠山市在住)ほか
    会場・・・・・・・・・・・・・日本玩具博物館ランプの家と中庭 
    入場料・・・・・・・・・・・無料(博物館見学には入館料が要ります)


●西アフリカの太鼓「ジャンベ」「ドゥンドゥン」の響き

ジャンベは西アフリカを代表するゴブレット型の太鼓。「ドゥン、トン、タン」という3つの音を組み合わせて無限のリズムを作ります。ドゥンドゥンはトーキングドラムとも呼ばれる両面太鼓で、人間の言葉をまねることが出来る楽器です。この二つの太鼓に、バラフォンと呼ばれるアフリカの木琴をあわせ、激しく、時に穏やかに、心に響くアフリカのリズムとメロディーをお楽しみいただきます。

    日時・・・・・・・・・・・・・11月6日(日) 13:30開演
    演奏者・・・・・・・・・・・森川陽介氏(姫路市在住)と仲間たち
    ●会場・・・・・・・・・・・・・日本玩具博物館前広場
    ●入場料・・・・・・・・・・・無料(博物館見学には入館料が要ります)


<後記>
どちらのライブも好評裡に終了いたしました。
当日の様子は、<ブログ「学芸室から」2005年11月15日>でご報告しています。

「親指ピアノ・ムビラ」の演奏会(10月30日)

  

「ジャンベ」「ドゥンドゥン」の演奏会(11月6日)