日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

イベント

播磨地方の草花遊び 夏休み伝承会*2005「麦わら細工の虫かご」

会期
2005年8月25日(木) 2005年8月25日(木)
会場
6号館2階 講座室

播州をはじめ、瀬戸内沿岸の多くの地域に、麦わらを編んでつくる虫かごが伝承されています。5月から6月にかけて、麦の収穫後に残される麦わらで手づくりされた品々は、今の60代以上の方々にとってはなつかしい思い出につながるものです。香寺町内で育った麦のわらを使って、播州伝承の虫かご(蛍かご)を製作しましょう。      

日時=8月25日(木)10:00~11:30/13:30~15:00   
材料費=100円   
講師=尾崎織女(当館学芸員)   
定員=午前午後ともに20名ずつ(申込必要)


<開催後記>
今夏もにぎやかな伝承会になりました。博物館学芸員実習の学生さんたちを受け入れ中に当たり、大学生のお兄さん、お姉さんと一緒に子どもたちも楽しく取り組みました。小さい子たちの参加が多かったので、うまく作り上げてもらえるか心配でしたが、すぐにコツを習得し、小さな指先できれいな虫かごが出来上がりました。「もっともっと編みたい!」「このかごに草をつめてセミを入れる!」とうれしい声がたくさん聞かれました。
画像がよくありませんが、伝承会の様子をご紹介します。