日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

館外展

明石市立文化博物館「世界のおもしろ玩具展」

会期
2001年7月14日(土) 2001年9月2日(日)
会場
明石市立文化博物館

1990年代初頭より親しくお付き合いのある明石市立文化博物館からのご依頼を受け、今夏は世界各地の素朴なからくり玩具を集めた展覧会に展示協力することとなりました。

からくり玩具といえば、精巧な江戸のからくり人形やゼンマイ仕掛けのディスプレイ・ドールなどが想い起されますが、ここに展示するのは、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカの各国から集まった、仕掛けもからくりも大変シンプルな玩具のいろいろです。車を動かすと動物や人形が意外なしぐさをする玩具、オモリをゆらすと糸が引っ張られて楽しい動きをする玩具、重力そのままに物がころがり落ちる玩具、回転させることでユニークな動きを作り出す玩具……。動く仕組みに焦点をあてて、そうした玩具を分類してみると、よく似た仕掛け玩具が世界中で作られていることに気付かされます。またそれとは反対に、玩具の素材やテーマにはお国柄がよく表現されていることに驚かされるでしょう。

ブラックボックスになった仕掛け玩具より、また電池や電子の力によって自動的に動くからくり玩具より、動く仕組みが目に見え、その知恵と工夫を確認しながら遊べる素朴な玩具の方がある意味で、子どもたちの科学的な心を養う力を持っていると思われます。

本展では、日本玩具博物館「世界の玩具コレクション」の中から、動かして楽しい玩具、約200点を一堂に集めて、子どもたちの心に栄養を与える玩具について考えてみたいと思います。

    会期=2001年7月14日~9月2日 (毎週月曜・第三火曜休館)
    会場=明石市立文化博物館
    主催=明石市立文化博物館
    出品展示協力=日本玩具博物館