日本玩具博物館 - Japan Toy Musuem -

Language

展示・イベント案内 exhibition

特別展

春の特別展 「雛まつり~御殿飾りの世界~」

会期
2020年2月1日(土) 2020年4月12日(日)
会場
6号館

春恒例の雛まつり展は、500組をこえる日本玩具博物館の雛人形コレクションの中から様々な時代や地域の雛人形を取り出して展示し、雛飾りの多様な世界を紹介する試みです。
今春は、江戸後期から明治時代に都市部で飾られた豪華な町雛を展示するほか、主に京阪を中心とする西日本地域で愛された「御殿飾り雛」を時代を追って一堂にご紹介します。
            


雛飾りに人形や諸道具を飾るための雛段が見られるようになったのは江戸時代のこと。初期の頃は、毛氈などの上に紙雛と内裏雛だけを並べ、背後に屏風を立てた平面的な飾り方で、調度類も数少なく、簡素かつ自由なものでした。雛祭りが盛んになるにつれて、雛人形や添え飾る人形、諸道具の類も賑やかになり、雛段の数も次第に増えていきます。安永年間(1772~81)には4~5段、天保年間(1830~44年頃)には、富裕な町家の十畳座敷いっぱいを使うような贅を尽くした雛段も登場してきます。

『日本歳時記』(貝原好古著)に描かれた貞享頃(1684~1687)のひな遊び

そうして江戸を中心に「段飾り」が発展する一方、上方では「御殿飾り」が優勢でした。建物の中に内裏雛を置き、側仕えの官女、庭掃除や煮炊きの役目を果たす仕丁(三人上戸)、警護にあたる随身(左大臣・右大臣)などの人形を添え飾るもので、御殿を京の御所に見立てたところからか、桜・橘の二樹も登場してきます。御殿飾りは明治・大正時代を通じて京阪神間で人気があり、戦後には広く西日本一帯で流行しましたが、昭和30年代中頃には百貨店や人形店などが頒布する一式揃えの段飾り雛に押されて姿を消していきました。

本展では、江戸末、明治、大正、昭和の代表的な御殿飾り雛によって、時代時代の人々の憧れや美意識、生活感などについてもさぐってみたいと思います。展示総数約50組の華やかな展覧会です。

展示総数  約50組

江戸から明治のお雛さま

衣装を着せた座り姿の雛人形は、江戸時代中頃から次第に豪華なものとなり、京都と江戸を中心に、雛をとりまく産業も発達していきました。雛人形は、その様式によって、元録雛、寛永雛、享保雛、有職雛、次郎左衛門雛、古今雛などの呼び名がありますが、いずれも毛氈の上に内裏雛を並べ、その背後には大和絵風の衣装をほどこした雛屏風が立て回されていました。添え人形や雛道具は少なく”屏風飾り”と呼ばれています。
剛健で優美な江戸、明治、繊細で軽快な大正、各時代の雛人形を比べながらご観覧ください。

江戸後期の享保雛
江戸後期の古今雛
江戸から明治のお雛さま展示ゾーン(西室)

御殿飾りの移り変わり

京都では、内裏雛を飾る館のことを御殿と言いますが、その中に一対の雛を置く形式を「御殿飾り」と呼びました。この様式の雛飾りが登場するのは江戸時代末期のことです。御殿は御所野紫宸殿(ししんでん)になぞらえたものと思われますが、華やかな貴族文化への憧れが育んだ復古的な雛飾りと言えます。御殿の屋根を取り払って人形たちの表情を見やすくしたものを「源氏枠飾り」と呼んでいます。こうした御殿の飾りを時代を追って展示します。

御殿飾りの移り変わり展示ゾーン(東室)
大正時代の源氏枠飾り

昭和30年代の竜宮城のような御殿飾り

<会期中の催事>
展示解説会
  日時・・・・2月16日(日)・2月23日(日)・3月1日(日)・3月8日(日)・3月22(日)
               ※各回 14:30~ 45分程度 
ワークショップ 
「貝合わせ」を作って遊ぼう!
  日時・・・・2020年3月15日(日) 13:30~15:00