2019年8月5日 更新

ようこそ 日本玩具博物館の公式サイトへ

English 中文 한국어 Deutsche française español

ご利用案内
(入館料・休館日・開館時間・交通案内)

只今の企画展・特別展
今月のおもちゃ  NEW 
次期展覧会のご案内
新収蔵品の紹介
 当館は世界文化遺産国宝姫路城から北北東に約10km。緑ゆたかな田園地帯にあり、白壁土蔵の6棟の建物で構成されます。今年開館45周年を迎えました。
 館内の展示ケースの延長は約180m。日本の郷土玩具、駄菓子屋の玩具や近代玩具、ちりめん細工、世界160ヶ国の玩具や人形など、常時5,000点もの玩具と人形が展示されています。
 2・3・4号館では常設展示。1号館と6号館は季節毎に所蔵品による企画展と特別展(下記)が開催されています。また、2号館には国内の伝承玩具、3号館にはヨーロッパの玩具で遊べるコーナーがあります。
 1974年に現館長が設立した私立博物館ですが9万点を超える資料を所蔵し、規模・内容から世界屈指の玩具博物館として知られています。
 ご来館をお待ちしています。
2016年に「ミシュラン・グリーンガイド二つ星」に選定されました★★ 
館長室から
学芸室から
館外展
 館内のご案内  主な事業内容    館の歩みとコレクション 
当館の口コミはこちら→

 只今開催中の特別展ご案内
 
  日本玩具博物館*夏秋の企画展

日本と世界のままごと道具

●会期  2019年7月13日(土) → 10月14日(日)

●会場  日本玩具博物館6号館

詳細はこちらをクリックしてください

   
 
レンジセット(昭和30年代) ダイニングキッチン(イタリア)
日本玩具博物館・玩具や人形を通して平成を振り返る企画展

平成おもちゃ文化史

●会期  2019年3月2日(土) → 11月12日(火)

●会場  日本玩具博物館1号館 

詳細はこちらをクリックしてください

Drスランプアラレちゃん
昭和56年~61年(1981~1986)
おじゃる丸・カズマ
平成12年~
 

■日本玩具博物館・2019年夏休みおもちゃ教室■
「江戸のからくりおもちゃ作り」

今年は江戸時代に流行して遊ばれた「鯉の滝のぼり」「ご来迎、」「かくれ屏風」「剣術人形」など、その動きが今の子供たちにも驚きの、楽しいおもちゃの数々を作ります。会費は材料費を含む料金です。
対象は小学生ですが、一般の方も参加できます。低学年は父兄がご同伴ください。

1.木びき人形 *要予約
期日=8月3日(土)午前10時~12時。            
横の棒を動かすと木こりがのこぎりを動かして木を切る。
会費=400円  講師=学芸員 尾崎織女

夏休みおもちゃづくり教室≪江戸のからくりおもちゃ≫シリーズの第一弾「木挽き人形」を開催しました。
お祖父さんお祖母さんと一緒に遊びにきてくれた帰省中の子どもたち、ご家族揃ってご参加の皆さん、毎年のように顔を見せて下さる方々―――大人も子どももたっぷり2時間かけて、和気あいあい、そして一生懸命に「木挽き人形」作りに取り組みました。「木場の木挽き」の同じ仕掛けで、「大きな蕪ひき」「兎の人参ひき」「カエルとおたまじゃくし」「猫とねずみ」「クマと鮭」など、デザインいろいろ、楽しい玩具がたくさん誕生しました。
帰りがけには、「簡単な仕掛けなのに、なんて楽しい動きが作れるんでしょう?!」「もうひとつ、別のデザインを考えて作りたい!」「妹の分は自分が作ってプレゼントする!」と嬉しい言葉もたくさん聞かれました。
★好評裡に終了しました→詳細はこちらのページをご覧ください


2.ご来迎  *要予約                          
期日=8月11日(日)午前10時~正午。
下の棒を押し上げると大きな花のようなものが広がります。
会費=400円 講師=学芸員 原田悠里 


3.鯉の滝のぼり *要予約 
期日=8月17日(土)午前10時~12時30分。             
竹の弾力を利用した玩具で、竹を握ると鯉が上下します。
会費=400円   講師=館長 井上重義


4.剣術人形  *要予約 
期日=8月24日(土)午前10時~12時30分。
下のてこを動かすと、刀を自由自在に振り動かす楽しい玩具です。
会費=500円   講師=館長 井上重義

5.隠れ屏風  *申し込み不要
期日=7月28日(日)・8月14日(水)・15日(木)午前11時~12時。
5枚の厚紙をつないで屏風を作り、折りたたんで開けると絵が消えたり、出てくる不思議な玩具。江戸時代に流行しました。 
会費=300円 講師=学芸員 井上伊都子・原田悠里

●申し込みは=電話かFAXで日本玩具博物館へお申し込みください。
      定員は各教室とも20名です。かくれ屏風のみ予約不要です。

詳細はこちらのページをご覧ください。




ちりめん細工の伝承と普及に取り組む
日本玩具博物館の公式サイト





Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174