2017年2月15日 更新

ようこそ 日本玩具博物館の公式サイトへ

English 中文 한국어 Deutsche française español

ご利用案内
(入館料・休館日・開館時間・交通案内)


「ミシュラン・グリーンガイド」二つ星(★★)に輝きました。

ミシュラン・グリーンガイドは外国人向けに、日本各地の観光地や観光施設を紹介するものです。去る12月16日に兵庫版改定の発表があり、新たに23箇所が追加され、県内の観光地や観光施設59箇所掲載されましたが、当館が二つ星(★★)に選ばれました。(館長室№115に詳細記事

 
只今の企画展・特別展
今月のおもちゃ
次期展覧会のご案内
新収蔵品の紹介

外観の塗装工事が6月4日に完了し、美しくなりました!詳細は館長室のページへ
 当館は世界文化遺産国宝姫路城から北北東へ約10kmにあります。緑ゆたかな田園風景のひろがる中、白壁土蔵づくりの6棟の建物で構成されています。民芸調の落ち着いた雰囲気の館内には、日本の郷土玩具や近代玩具、伝統人形、世界160ヶ国の玩具や人形など、総数9万点を超える資料を収蔵。2・3・4号館では常設展、ほかに1号館と6号館では季節に合わせた企画展・特別展(下記)を開催しています。また、見るだけでなく、おもちゃに触って遊べるコーナーもあり、大人にも子供にも喜ばれています。
 1974年に設立。規模・内容からわが国を代表する玩具博物館として広く知られており、幼い日の想い出につながる懐かしい玩具や人形、また世界各地の子ども文化と出会えるおもしろユニーク博物館です。
館長室から  NEW  
学芸室から
ちりめん細工
館内のご案内 主な事業内容 館の歩みとコレクション
館外展
当館の口コミはこちら→


 只今開催中の特別展ご案内
日本玩具博物館・春の特別展

雛まつり~雛と雛道具~

   ●会期  2017年2月4日(土) → 4月9日(日)
<一部は5月28日(日)まで>

   ●会場  日本玩具博物館6号館

詳細はこちらをクリックしてください
 
京阪地方の古今雛(江戸時代後期) 玉翁の古今雛(明治12年)
 
冬の企画展

鶏のおもちゃ

●会期  2016年11月19日(土) →2017年2月21日(火)

●会場  日本玩具博物館1号館


詳細はこちらをクリックしてください
八橋土人形・夫婦鶏
秋田県秋田市/土/昭和中期
ドゥイムコボの鶏(ロシア・キ―ロフ)
 



『雛まつり~雛と雛道具~』
展示解説会のお知らせ


江戸時代後期から明治・大正・昭和へと受け継がれてきた雛人形、その地域性や時代性について、主な展示物を取り上げながらお話し致します。下記の日時に、6号館展示会場へお集まり下さい。
解説は、当館学芸員・尾崎織女が行います。
 
 
●日時………… 2月25日(土)・3月5日(日)・3月11日(土))・20日(月/祝) 
            ※ 各回 14時~


館内の展示スケジュールが出来ました!!

 
おもちゃ文化の殿堂「日本玩具博物館」

館外展示のお知らせ
2017年1月1日、神戸開港から150年を迎えました!
KIITO ※近代建築/旧神戸市立生糸検査所

神戸開港150年記念事業の一環として、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)において、1月25日(水)から当館所蔵の資料を展示しています。ぜひ、ご覧ください。

神戸開港150年記念事業オフィシャルサイトは、こちらのページへ。

会期:2017年1月25日(水)~12月28日(木)
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) ※月曜休館


春の講座「桃の節句と雛飾り」
日時:2月26日(日)午後2時~
会場:KIITO(神戸市中央区小野浜町1-4)
*お話 日本玩具博物館学芸員 尾崎織女
*定員 先着30名 
KIITO ※近代建築/旧国立神戸生糸検査所
「TOY&DOLL_COLLECTION」のリーフレット    企画展スケジュール
1月1日から「TOY&DOLL_COLLECTION」のフェイスブックも始まりました!!

【神戸人形「船乗り」限定特別販売のお知らせ】
神戸開港150年を記念して、ウズモリ屋・吉田太郎さんが制作された神戸人形「船乗り」150体を「TOY & DOLL COLLECTION」展の会場にて販売しています!!
船の左舷のつまみを動かすと、ボーダーシャツを着た船乗りがパイプをくゆらしたり、望遠鏡をのぞいたり…。明治時代より受け継がれてきた神戸人形の様式と吉田さんの独創性がミックスされた愛らしい作品です。
神戸開港150周年の焼印と、シリアルナンバーが入った特別品で、会場でのみお分けしています。1体、9000円(税込)。
神戸人形ファンの方も、これから神戸人形ファンになられる方も、ぜひ、お手元に。手のひらの上で愛しんでいただきたく思います。

 

YouTube で神戸人形の動画を楽しめますので、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=737ngPTgm-0


ちりめん細工初心者講座のご案内

 ちりめん細工は、江戸時代から明治時代にかけて、当時の裕福な階層の女性たちが、着物などに使った縮緬の残り布を縫い合わせて、花・動物・人形などを小さな袋物に仕上げた伝統手芸です。江戸時代から明治時代にかけて盛んに作られてきましたが、昭和になると着物を着る人も減り、西洋手芸の流行や戦争の混乱もあり、いつしか忘れられた存在になりました。
 その存在に気づいた当館は、明治42年に発行されたちりめん細工の教科書を入手したことから、30年前から手芸が好きな方々に集まっていただき、その復興活動に取り組んできました。その活動が思いがけない大きな発展を遂げ、全国的なちりめん細工ブームにつながりました。
 これまで当館では二年毎に、初心者を対象としたちりめん細工の初級講座を開催してきましたが、この度、下記内容で初心者講座を開催いたします。

◇講習会日程

11月26日(土) ……おくるみ人形袋
12月17日(土) ……折り鶴袋
2月18日(土) ……豆雛  
参加者募集中!
3月25日(土) ……蝶袋  参加者募集中!


◇講習時間

10時~15時※1日で1作品を仕上げます!
 


新刊『基礎からわかる ちりめん細工のつるし飾り』 好評です!


ちりめん細工の伝承と普及に取り組む
日本玩具博物館の公式サイト





Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174