2018年8月6日 更新

ようこそ 日本玩具博物館の公式サイトへ

English 中文 한국어 Deutsche française español

ご利用案内
(入館料・休館日・開館時間・交通案内)

只今の企画展・特別展
今月のおもちゃ  NEW
次期展覧会のご案内
新収蔵品の紹介
2016年「ミシュラン・グリーンガイド」で二つ星に選ばれました。 
 当館は世界文化遺産国宝姫路城から北北東へ約10km。緑ゆたかな田園風景のひろがる中、白壁土蔵づくりの6棟の建物で構成されています。館内は和風で、展示ケースの延長は約180m。日本の郷土玩具、近代玩具と流行人形、世界160ヶ国の玩具や人形など、常時5,000点もの玩具と人形が展示され、2・3・4号館では常設展示、1号館と6号館では季節毎に企画展と特別展(下記)が開催されています。また、見るだけでなく、国内外のおもちゃで遊べるコーナーも2・3号館にあり、大人にも子供にも喜ばれています。
 1974年に現館長が設立した個人立博物館ですが9万点を超える資料を所蔵し、規模・内容から世界屈指の玩具博物館として知られています。懐かしい玩具や人形、また世界各地の玩具や人形と出合える、おもしろユニーク博物館です。ご来館をお待ちしています。
 
館長室から  NEW
学芸室から
ちりめん細工
 館内のご案内  主な事業内容    館の歩みとコレクション 
当館の口コミはこちら→

 只今開催中の特別展ご案内
*日本玩具博物館・春夏の企画展*

世界の乗り物玩具
~陸海空の楽しい乗り物~

●展示会期=2018年3月3日(土)~9月4日(火)
●会場 日本玩具博物館1号館

詳細はこちらをクリックしてください

ヘリコプター(メキシコ・オリナラ) トラック(ネパール)

日本玩具博物館・ちりめん細工研究会30周年記念展
ちりめん細工の今昔
●会期  2018年4月28日(土) → 10月8日(月・祝)
    ●会場  日本玩具博物館6号館および3号館



詳細はこちらをクリックしてください
 

■日本玩具博物館・2018年度■

夏休みおもちゃ作り教室のご案内

今夏も、1号館で開催中の企画展『世界の乗り物玩具~陸海空の楽しい乗り物~』(9月4日まで)にちなんで、牛乳パックを利用して作る「ゴム動力で動く船」と「羽がくるくる回る風車小屋」。はがき大の紙で作る「風ぐるま」。江戸時代から作られてきた「かくれ屏風」の4作品を作ります。対象は小学生ですが、一般の方も参加できます。小学生低学年は父兄がご同伴ください。
1.4枚ばねの風ぐるま
3.牛乳パックの水車ボート
4.牛乳パックの風車小屋

1.4枚ばねの風ぐるま *要予約 
期日=7月28日(土)午前10時~12時30分。
はがきサイズの紙から4枚の羽根を作り、つなぎ合わせた風ぐるま。とてもよく回る風車です。いろんな色で作ってみよう。
会費=300円(材料費含む)    講師=原田悠里(学芸員) 



2.江戸の玩具・隠れ屏風  *申し込み不要
期日=7月29日(日)・8月25日(土) 午前11時~12時。
5枚の厚紙をつなぎ合わせて屏風のようにし、折りたたんで開けると絵が消えたり、出てくる不思議な玩具。江戸時代に流行しました。 
会費=300円(材料費含む)   講師=井上伊都子(学芸員)・原田悠里(学芸員)



3.牛乳パックの水車ボート *要予約【満席のため、キャンセル待ち】
期日=8月5日(日)午前10時~12時。 
ゴムの動力で羽が回って、スイスイ船が進みます。
会費=400円(材料費含む)   講師=井上重義(当館館長)



4.牛乳パックの風車小屋  *要予約【満席のため、キャンセル待ち】
期日=8月11日(土)午前10時~12時。
牛乳パックを利用して作る楽しい動きのおもちゃ。牛乳パックの下から出た糸を引くと、大きな美しい羽根がクルクル回り、楽しいです。
会費=400円(材料費含む)   講師=井上重義(当館館長)



●申し込みは=電話かFAXで日本玩具博物館へお申し込みください。定員は各教室とも20~30名です。予約が必要ですが、かくれ屏風は申し込み不要で当日参加できます。


詳細はこちらのページをご覧ください



「ちりめん細工の今昔」展――‟この一品”展示解説会

展示品の中から “この一品”を取り出して、当館学芸員が見どころをご案内いたします。
ちりめん細工の世界に一歩踏み込んでいただける解説会です。
下記の日時、6号館展示室へお集まりください。

  ●日時 5月13日(日)・5月27日(日)  
6月10日(日)・6月24日(日)
  7月15日(日)・7月29日(日)
  9月16日(日)
9月30日(日)・10月7日(日)
※各回14:00~/30分程度


館外展示のご案内

MieMu 三重県総合博物館
第20回企画展
「おもちゃ大好き!
~郷土玩具とおもちゃの歴史~」
2018年7月7日(土)→9月2日(日)
主催:三重県総合博物館
特別協力:日本玩具博物館
後援:三重県博物館協会、歴史街道推進協議会
助成:公益財団法人岡田文化財団

●記念講演会
「近代のおもちゃ文化史~明治・大正・昭和~」
2018年7月14日(土)午後1時30分~3時
講師:日本玩具博物館学芸員 尾崎織女氏
今も昔もこどもたちの身近な存在である「おもちゃ」。
そんな「おもちゃ」にも歴史があります。特に明治時代から現在にいたる、
この150年の移り変わりには目を見張るものがあります。
そこで今回は、全国各地の郷土玩具や明治・大正・昭和のおもちゃを展示します。
さあ、おもちゃの世界に出かけましょう。
1,000点を超えるおもちゃたちが、あなたを、大きな、大きな、おもちゃ箱へと誘います。




新刊『季節のつるし飾りとちりめん細工』 (日本ヴォーグ社)が一般書店にて好評発売中です。


ちりめん細工の伝承と普及に取り組む
日本玩具博物館の公式サイト





Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174